けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークスの皮算用    担【けん♂】

今回のオークスでペースを握るのは・・・サヤカチャンでしょうか。

フェアリーS以来、乗り替わっていましたが再び松岡騎手に
戻っての参戦となっています。

東京コースではアルテミスSで逃げてラッキーライラックの2着。
その後の2戦では控えていいところがなかったので
今回は思い切っていく形になりそうです。

アルテミスSでは4コーナーに向けて脚をためる形で
逃げていましたが、松岡騎手が東京2400mで逃げた場合は

・前半は少し締まったペースで引っ張る
・中盤にグッと緩めて脚をためる
・4コーナー出口に向けて加速し、隊列を長くして直線へ

というパターンが有力。

ロングスパート勝負になるので、基本的には好位、中段からの
脚質の馬が優位。
消耗度の高さにもよりますが、後方からの馬は不発になりがち、
という傾向が出ています。

アーモンドアイは前走ほど後方に控えるかどうかは微妙ですが
桜花賞で結果を出しているだけに、違った競馬をして
負けるのは・・・陣営的にもまずいと思われます。
外枠に入ったこともあり、控えるならば1番人気を背負うほどの
信用は出来ないかも。
母はオークスで結果を出しているフサイチパンドラですが、
父のロードカナロアはキングカメハメハ産駒、ためてこそ、
という血統の印象。
展開にからめとられる可能性は考えた方がいい気がします。

内に入ったラッキーライラックはある程度積極的な
位置取りをしてきそう。
馬格もあり、基本的にタフな競馬でこそ、という感じなだけに
ロングスパートを前から抜けて踏ん張る、という形に
持ち込めば力を出し切れそう。

マウレアはオークス4着のアユサン(桜花賞馬)の全妹。
レッドサクヤは同じ年のオークスの2着馬エバーブロッサムの全妹。
半姉のエイジアンウインズは東京コースのヴィクトリアマイルを
勝っています。
・・・ちょっと狙いすぎですかね(笑)

好位からの脚質で消耗戦に強そうな馬をもう少し探してみようかと
思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。