けいけん豊富な毎日

監視されることの恩恵    担【けん♂】

共謀罪・・・実際にはこんな名前ではなく「テロ等準備罪」
なんですけどね。

テロ等、と言ってしまうと反対派の連中がアホみたいに叫んでいる
一般民衆への監視がどうのこうの、というイメージが薄れてしまうので
あえて「共謀罪」と呼び続けているのだと思われますが
そろそろちゃんと名前を呼んであげないといけません(笑)

監視社会が・・・というのも実社会の状況を見てみれば
筋違いな不安であることは明白です。

コンビニでも銀行でも、銭湯だって、地域によっては街角にすら
監視カメラはあるわけで、現代の日本人は意識しなくとも
監視下に置かれています。

監視、というからイメージが悪いわけで、そこらにある監視カメラが
我々にとってどういう存在であるか、というと

犯罪行為などに巻き込まれないよう、見守ってくれている

というのが正しいと思われます。
まともに生活していれば監視カメラで見られたって別に
なんともないですよね?
カメラが捉えようとしているのはあくまで「犯罪」。
テロ等準備罪で監視されるのはまさしく、
犯罪・・・つまりテロ等の準備をしている連中なわけで
一般民衆が怯える必要はありません。
逆にそういう危険な連中からの被害に合わないように守ってくれる
法案だと考えれば、反対するのは自分の首を絞めているも同然です。

だいたい、反対派の連中の言うような街角や飲み屋などでの
くだらない雑談(悪口、軽口)を監視したり、
それに対して裁判所が令状を出して調査したり、
警察が動いたりって・・・一体どういうコストをかけて、なんの目的で
そんなバカバカしいことをするのか、と問いたい、問い詰めたい、小一時間・・・。

憲法9条を守っていれば、他国の連中は攻めてきたりしない、
なんてノー天気なことを言いながら、
自国の警察はなんでもない世間話でも聞き咎めて逮捕してくる
なんていう被害妄想に陥るというアンバランスさが理解不能です。
日本人同士でもそんなに警戒するのであれば、
もっと国防に関しても考えてみてもいいんじゃないの?

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック