けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JC簡単回顧   担【けん♂】

天皇賞秋で失速したエイシンヒカリがロングスパートが合わない
瞬発力タイプだとしたら、キタサンブラックはまったく逆の
ロングスパートが得意な持続力タイプ。

古い例との比較になりますが、06年にアドマイヤメインで
東京2400mを逃げ切った青葉賞との比較をしてみました。

【ラップ比較:東京2400m】
JC

キレを求められる展開になるときついか、と思っていましたが
武豊騎手の騎乗技術のすごさを見せつけられた感じです。

まだ若いアドマイヤメインのときにはコーナー途中で脚を
しっかりためてからのロングスパートに出ていますが
(4コーナーに向けてスパートを開始するのは武豊騎手の
 東京で逃げる場合の常套手段)
キタサンブラックで逃げた今回のJCではさらに1ハロン早く
スパートを開始している
ことがわかります。

本来コーナーワークで前に詰め寄っておきたい後方の馬にとっては
非常に厳しい展開。直線に入る前に脚を使わされてしまうために
脚がたまらず、切れ味を活かすことが難しくなっています。
ここで気にせずに脚をためたら後方からになってしまうわけで
雨の中ということを考えると・・・それも無理があるというのも
武豊騎手の掌の上なのかもしれません。

この強烈なロングスパートはもちろん逃げ馬にとっても
非常に厳しいわけで、並の馬なら途中で脚が止まるわけですが
キタサンブラックは止まるどころか、さらに伸びる気配。
異常なまでの持続力で武豊騎手の注文に見事に応えています。

第36回JC・・・36・・・サブロー?!
などという語呂合わせどおりになったのもある意味競馬らしい?
結果でしたが(笑)非常に高いレベルの能力を求める
武豊騎手の逃げ方と非凡な馬の能力が高い次元で噛み合った
非常に面白いJCだったと思います(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お疲れ様です

何年か前から拝見させて頂いてますが、データ量や分析がすごくて毎週よくこんなことができるなあと感心していたのですが、この頃はなかなか競馬に割く時間がないようなので体調とか大丈夫かなと心配していました。たまにで良いんでこういう回顧でもしてもらえると競馬から離れてしまっていないと安心できるのでありがたいです。
これからもほぼROMですが頑張ってください。

ニャントロ | URL | 2016年12月02日(Fri)15:39 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016年12月05日(Mon)06:38 [EDIT]


数年ぶりにコメントしてます。

けいさん、けんさん
数年ぶりのコメントになりますがお二方ともお元気でいらっしゃる事をお祈りしています。
今や私は競馬は年に二回ダービーと有馬記念を買うだけになってしまいました。w
JCは久しぶりにテレビで見てたんですが、キタさんのコーナーの上がりっぷりは強い先行馬の走りでしたねー。
僕は逃げ馬より、先行馬が捲っていく姿が大好きで基本先行馬から買うんですが、今回のキタさんは終始先頭に立ってこそいましたが、あれは最終コーナーまでは前に数頭逃げ馬があるようなイメージで走っていたんじゃ無いかと思わされる動きでしたね!
壮絶でした!
ああいう後続の追随を許さない走り大好きですw
たまぁーにですが遊びに来ていますのでお二人ともどうかお元気でいて下さい!

芋上 | URL | 2016年12月14日(Wed)11:17 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。