けいけん豊富な毎日

東京新聞杯簡単妄想   担【けん♂】

こんなに身動きが取れなくなるとは・・・。

東京新聞杯(東京1600m)については何もふれることなく週末に突入。

データ重視で予想をまとめる方針でやってきていますが、たまには
出馬表を眺めながら、ザクッと印象を挙げていく形で見てみたいと思います。

まずは展開ですが・・・昨年に引き続き極端に逃げ馬不足。
距離短縮となるルルーシュ辺りが押し出される形になるんでしょうか。
大外枠ながら場合によってはテイエムタイホーが行くことも
ありえそうです。

ルルーシュの鞍上は柴田善騎手。
少なくともぶっ飛ばす系の騎手ではなく、どちらかといえば
スロー気味にまとめて淡々と行くタイプだと思われます。

ハイペースになりがちな、というか超ハイペースになる場合が多い
安田記念とはまるで違うレース。
ゆったりと流れれば基本的には前優勢になりやすいわけですが
昨年のように超スローになって隊列が団子になってしまうと
後方からも届く可能性があるのが悩ましいところです。

前日一番人気のダッシングブレイズは連勝中と勢いが
感じられますし、2走前には東京1600mで勝利を挙げており
有力だとは思いますが・・・浜中騎手は東京では下げ過ぎるきらいがあり、
過信は禁物かと。
古馬重賞経験がないだけに、クラスの壁がどの程度なのかも微妙なところ。
斤量が増えるのは馬格的には問題なさそうです。

ダノンプラチナは富士Sを制しており、コース適性という面でも
期待したい1頭だと思われます。
富士Sは後方から差しての決着でしたが、本来は好位辺りからも
競馬が出来る馬ですし、蛯名騎手の手腕にも期待出来そうです。

ダイワリベラルはマイルに路線変更してから2連勝。
ただし・・・中山ですので、東京では血統からしてもちょっと
評価を下げたいところ。馬体のつくりも下半身がダラッとしており
持続質の競馬の方が合いそうです。
今回は位置取りを活かせたら・・・という感じでしょうか。

海外遠征を控えるトーセンスターダムは外枠から前に
つけられたら面白い1頭になるかのしれませんが
東京では複勝圏もない馬だけに、過剰な期待は出来ない感じ。

ハマったら強いスマートレイアーにとってはスローの瞬発力勝負は
大きなプラスになる可能性がありそう。
ヴィクトリアマイルが案外過ぎたので信頼はしにくいですが
マイル周辺に距離を戻せば実績的にも上位評価出来そうです。
脚質的には外差しですが、内を狙うのが上手い吉田隼騎手が
どう乗るかにも注目。

グランシルクは富士Sでダノンプラチナに完敗。
斤量差が1kg縮まったといっても逆転までは微妙かと。
血統的には中山向き、あえてここで狙うのは・・・うーん。
東京が合わない池添騎手への乗り替わりも不安材料。

エキストラエンドは14年のこのレースで2着。
昨年は稍重の中、6着に敗れていますが、適性に関しては
問題ない馬だけに年齢的な衰えが出なければ
実績からしても軽く見られている印象。

テイエムタイホーは今回の構成なら外枠からでも
位置を取って行けそうです。
あえて戸崎騎手を起用してきたことも含めて
狙うのなら今回かも。


正直、どの馬も信用できる感じではないので
あえて振り回すのであれば

・テイエムタイホー
・エキストラエンド
・ダノンプラチナ
・スマートレイアー

この辺りをボックスで。

出来れば先に繋がる内容を期待したいものですね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あまり考察しないほうが核心に近づけるのでは...と思えなくもない予想ですね(笑)
色々悩んだ挙句予想をこじらすより...
(苦笑)

ゆう(*`・ω・)ゞ | URL | 2016年02月07日(Sun)19:49 [EDIT]


さすがですね

久しぶりの予想を参考に、特に池添騎手は東京は合わないー
で1️⃣⇨3️⃣に変えて、無事いただきました。これからもお身体を大切にされて、キレキレの予想をお願いいたします‼︎

はしし | URL | 2016年02月08日(Mon)10:43 [EDIT]


 

トラックバック