けいけん豊富な毎日

マイナス金利でプラス効果   担【けん♂】

黒田バズーカ第3弾!が話題になりましたが、あまり聞き慣れない
「マイナス金利」について、簡単に整理しておきたいと思います。

アベノミクスについては、これまでにも何回か
記事を書いてきましたが、最終的なポイントはなんといっても

・国民(企業)の懐に現金をぶち込む

ということ、だと考えらえます。

そのために国内のお金の流通量を増やしたり(インフレ政策)
してきたわけですが、いくらお金の総量を増やしても
銀行でお金がストップしてしまったのでは
その先への流入がありません。

で、今回のマイナス金利の目的は、銀行への対策。

日銀は並行して銀行が所有している国債の買い取りを
進めていますが、このマイナス金利との二本柱により

1)利子がつく国債を買い取り、利子がつかない現金が
  銀行にたまるようにする

2)資産を増やしたい銀行は、これまで日銀の当座預金に
  お金を預けて利子を得ていたわけですが、
  これがマイナス金利になることにより、預けても増えなくなる、
  というか、むしろマイナスになる

3)預金者に利子をつけるために、預り金を増やさねばならない
  銀行は巷の企業に融資したり、株式投資などを積極的に
  行わざるを得なくなる

4)市場や民間に流通するお金が増加する

5)景気回復!


という道筋が想定されることになります。

リスクがあるとしたら・・・資産運用に失敗した銀行の
経営状態が悪化する可能性がある、ということでしょうか。
ある意味、競争原理が働くのはいいことだと思いますが
銀行に預けておけば安心、という話ではなくなるかもしれませんね。

まぁ今の低金利では預ける価値なんてほとんどないですが(笑)
手数料ばっかり取られて、預けながら減っていくような
状況は改善されてほしいものです。

銀行は運用資金を増やすためにも、預かり金を増やす必要が
出てくるわけで、淘汰を賭けてサービス競争になってくれれば
民間的にも嬉しい話なわけで、金利がまともになれば
それこそ景気回復を実感出来るようになるかもしれません。


政府と日銀が協力体制、というか、歩調を合わせるだけで
結構いろんな景気対策案が実現するもんですね~
もちろん、机上の空論に終わる可能性もありますが
こういう積極的な対策をどんどん実施していって貰いたいものです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お仕事お忙しいところ失礼ですがダノンプラチナとダッシングブレイズどちらが軸に最適でしょうか?

ヌエボ闘将 | URL | 2016年02月06日(Sat)23:20 [EDIT]


 

トラックバック