けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AJCC(各馬分析2)   担【けん♂】

AJCC(中山2200m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

【スズカデヴィアス】牡5 56.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
先行力を活かして昨冬の京都記念で2着。下り坂と仕掛けどころを活かして
粘り込むタイプですが、中山では皐月賞14着、ステイヤーズS4着、8着と
好走できておらず、余程中山が得意な騎手とコンビを組まないと
上昇は難しそうです。上手くペースを自分で作れたら能力は上位評価。

【ステラウインド】牡7 56.0 (美浦) ゼンノロブロイ×(スピニングワールド)
13年の海外遠征帯同から帰国して以降、重賞でも函館記念3着、
七夕賞2着と好走がありますが、勝ち切れず。
位置をとって競馬が出来ますが決め脚は微妙で、血統的に中山は
マイナス材料。中山金杯でも差のある5着に敗れており、
あとは相手関係で・・・。

【スーパームーン】牡7 56.0 (美浦) ブライアンズタイム×(Sadler’s Wells)
1番人気に推された前走の中山OPでは好位から伸びてクビ差の2着。
安定した走りは見せているものの、中山では(0-2-1-2)と
勝ち切れておらず、適性が高いとは言いがたい印象。
位置をとって競馬が出来る強みをどこまで活かせるか。

【ディサイファ】牡7 57.0 (美浦) ディープインパクト×(Dubai Millennium)
昨年のAJCCでは好位から前と同じ脚色になり5着のまま入線。
その後の重賞路線では天皇賞秋で8着に敗れたものの、
GⅡ、GⅢでは2勝を含んで複勝圏を外さない好走を見せており
実績的にも勢い的にも今回のメンバーでは抜けて上位評価。
中山未勝利というのが不安材料ですが力関係でどこまで。

【フラガラッハ】牡9 56.0 (栗東) デュランダル×(トニービン)
AJCCでは14年5着、15年6着と微妙に足らない成績。
マイル路線で結果を出してきており、基本的には後方からの
脚質ということで、このレースが合っている感じはないので
あえてこの年齢で狙う材料は不足。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。