けいけん豊富な毎日

扉を開いてくれた人    担【けん♂】

80年代、中学生になったばかりの私は母親の影響もあって
ニューミュージック、フォーク系にハマり、さだまさしや
松山千春、井上陽水、オフコースなどをエアチェック(古い!)して
聴きまくっていました。

「やっぱり、歌は歌詞が重要だよね」

なんて、わかったような口をきいていたりしたわけですが
(恥ずかしい・・・)

そんな中で、歌詞もわからないのに妙に心をとらえて
離さなかったのが↓

【レッツダンス:デヴィッドボウイ】


歌詞が全て、的な発言をしながら洋楽って・・・
自分で自分を裏切っているような背徳感もあいまって
同じように日本の音楽にハマっていた弟の目を(耳を?)盗むように
聴いていたことを思い出します。

その後、やっぱり良いものは良い!とカミングアウトして
今度は洋楽にバカハマり。
マイケルジャクソンのスリラーやポリスのシンクロニシティなど
ちょうど名曲、名盤が出まくった当たり年だったんですよね。
その年のグラミー賞を録画して何度も何度も観ては
アーティスト名をチェックして・・・

ライブエイドのときには録画していたビデオテープの交換のために
起きておかないといけなかったので、眠い目をこすりながら
居間のテレビの前で延々夜更かし。
今では徹夜なんて日常茶飯事過ぎてどーでもないですが(爆)
記憶している中では・・・たぶん、このときが初めての
徹夜だったと思います。

次から次へと登場するアーティストに心躍らせたながら
その中でも一番印象に残ったのが↓

【ダンシングインザストリート:デヴィッドボウイ&ミックジャガー】


会場のスクリーンに映し出されたこのミュージックビデオは
両巨頭?の魅力を存分に感じさせる素晴らしい出来だったと
思います。


悲しいニュースを知ってから頭の中でずっとブルージーンが
流れ続けています・・・(涙)
洋楽の扉を開いてくれたデヴィッドボウイ氏の冥福を
心よりお祈り申し上げます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

唯一無二の存在でしたよね

いつも拝見させて頂いています。私もガキだった頃に、父親のカーラジオから流れたジギースターダストにビビビッと衝撃が走り、ずっとファンでした。残念ですが、あちらでもカッコよく唄っていて欲しいです。

STARMAN | URL | 2016年01月12日(Tue)06:47 [EDIT]


こんにちは

いつも読ませて頂いています。
同じ時期に洋楽にハマったんだなーって思いました。(スプリングスティーンにドップリ浸かっていました)
訃報を聞いた時に僕の頭の中もブルージーンが流れてました、この歌を知ったキッカケはノエビアのCMソングだったと記憶してます。
ストーンズが新しいアルバムの為にスタジオ入りしたニュースを聞いて喜んでいた矢先だっただけに...残念で仕方ないです。
 寝不足で大変でしょうけど身体に気をつけてブログの更新を頑張って下さい。

ジョード | URL | 2016年01月16日(Sat)09:04 [EDIT]


 

トラックバック