けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神JF(体重別実績)   担【けん♂】

06年の改装以降の阪神JF(阪神1600m)を見てみると

★平均体重
14年 452.3kg
13年 446.6kg 
12年 463.2kg
11年 442.5kg
10年 450.1kg
09年 452.3kg
08年 453.3kg
07年 456.4kg
06年 447.5kg

うら若き乙女たち(爆)のレースだけあって、全体的に成長途上で
小柄な馬が多いレースとなっていることがわかります。
12年は少し大柄な馬が多くなっていましたがその前の11年は
非常に小型馬が多く、過去最低の平均体重となっていました。
うーん、ディープインパクト産駒の影響は大きかった感じですね。

阪神外回り1600mコースは直線も長く、急坂もある
非常に厳しいコース。この時期の牝馬にはかなり過酷なレース
なっていると思われます。

ここを乗り越えるにはかなりの素質と完成度が求められると
考えられるわけで、今回は馬格の面から条件を探ってみたいと思います。

体重別実績:阪神JF(06年~)】
阪神JF体重

最も出走頭数が多い440~460kgの馬の成績が優秀に
なっています。
一つ上の460~480kgのゾーンの馬も3勝、2着4回、3着2回と連対率では上回っており、
480kgを超える馬はかなり少なくなりますが、 それでも連対圏に
2回入っています。

逆に440kgを切ると、11年にジョワドヴィーヴル、
13年はレッドリヴェールが勝っており、他にも3着が二度。
出走頭数が少ないだけに率でみると高くなっていますが
内容的には余程特殊な馬で勝ち負け・・・あとは
展開がハマらないと3着までが精一杯という感じで見ておいた方が
良さそうです。
少なくとも小柄な馬優勢、というわけではないと思われます。

実質斤量負担別実績
阪神JF斤量

明らかに斤量負担の上限は12.5%で線引きしておきたいところ。
阪神JFの斤量は54kgなので・・・434kgが馬体重の下限、
ということになります。

例外は11年のジョワドヴィーヴル及び12年のレッドセシリア。
ディープインパクト産駒は侮れませんね。
13年のレッドリヴェールも小柄な馬が出やすいステイゴールドの産駒でした。

怪我による頓挫という面もあるにしろ、
小柄な馬体でここで結果を出した馬は大成していない
という点も春(以降)に向けて注意しておきたいところ。
今年の結果がどうなるかまだわかりませんが、
もし例外的に小柄な馬が上位に入っても、その先には不安がある
・・・かもしれません。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。