けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイルCS(騎手データ分析)   担【けん♂】

マイルCS(京都1600m)についてまとめる前に、騎手データについて
見ておきたいと思います。

マイルCSも秋華賞などと同じく、騎手にかなり大きな偏りが出ており、
関西所属で京都で好成績を挙げている騎手を中心にリピーターが
非常に多くなっています。

マイルCSに加えて同じ条件で行われる、京都金杯、読売MC(12年~)、
京都牝馬Sのトータルデータを調べてみました。

【京都1600m重賞成績】
マイルCS騎手

勝率の面で1位になっている浜中騎手は京都牝馬Sで優秀な成績を
おさめていますが、マイルCSでは4回の騎乗で5着1回だけと振るいません。
トップジョッキーの仲間入りを果たした今なら・・・・

マイルCSで2勝を挙げている岩田騎手はあからさまにこの条件が得意。
トータル6勝の他、2、3着も多く、複勝率では抜けてトップとなっています。

近年調子を落としているとはいえ、武豊騎手の成績も凄いですね。
5勝のうち2勝はこのマイルCSとなっており、2、3着にも
よく入っています。

今年から通年騎乗となったデムーロ騎手、ルメール騎手は
騎乗回数が増え、京都慣れも進んでいると考えられます。
このデータ以上の働きが期待出来そうかと。

他の外人騎手に関しては・・・やはり警戒はすべきだと思われますが
この条件ではひとまず、慣れた騎手の方が上だと思われます。

興味深いのは川田騎手の不調ぶりでしょうか・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。