けいけん豊富な毎日

マイルCS(年齢別実績)  担【けん♂】

マイルCS(京都1600m)の年齢別の実績について調べてみました。

年齢別実績:マイルCS(05年~)】
マイル年齢

4歳馬と5歳馬の成績が拮抗・・・13年は5歳馬が勝ちましたが
11年、12年と4歳馬が連覇しており、12年は複勝圏を独占。
勝ち星では5歳馬がリードしていますが、複勝圏までで考えれば
4歳馬の方が優勢となっています。
基本的に充実期に入っている馬が強い、というレースだと考えられます。

エリザベス女王杯では3歳馬が活躍していますが、
マイルCSでは・・・ちょっと厳しい成績。
出走頭数もそれなりに多い中、ここ10年で未勝利となっています。
2着に入ったのも04年のダンスインザムードのみ。
うーん、ヒモ候補というよりも3連系の馬券ならば押さえても、
という程度の成績でしょうか。

6歳以上もガクッと成績低下。
6歳で連覇を果たしたダイワメジャー、あとは8歳で大活躍したカンパニーは
どちらも1番人気を背負っており、実績的にも抜けた存在でした。
昨年は8番人気からダノンシャークが勝っていますが
前年の3着馬であり、ちょっと不当に人気を落としていた感。
この点でも条件を血統的な適性が上回ったのかもしれません。

あとは02年にトウカイポイント(せん馬)が6歳で勝っていますが
逆にこの年は大荒れ模様。ハイペース気味になり、
前につけた人気馬が沈んだところを差し決着、というレースでした。
例外としてしまうのも危ない気はしますが、力関係よりも展開の優位性が
上位にきたときにはこういうこともあり得る、という感じで
捉えておきたいと思います。

性別実績
マイル性別

出走頭数が断然違うので成績的には9勝を挙げている牡馬が優勢ですが
複勝率では牝馬の方が微妙に良績。
勝ち馬に関しては牡馬に絞って、牝馬はヒモ候補で重視というのが
過去の傾向にあった馬券戦略になりそうです。

【今年の出走予定馬の年齢(登録馬)】
★7歳
ダノンシャーク
リアルインパクト

★6歳
カレンブラックヒル
ケイアイエレガント
ダイワマッジョーレ
フィエロ
ヴァンセンヌ

サンライズメジャー※
テイエムタイホー※

★5歳
レッドアリオン
ロゴタイプ

★4歳
イスラボニータ
サトノアラジン
トーセンスターダム
モーリス
レッドリヴェール

★3歳
アルビアーノ
クラリティスカイ
レッツゴードンキ
アルマワイオリ

グァンチャーレ※
ミッキーオリビエ※
ヤマカツエース※

※→除外予定馬

3歳馬が7頭も登録してきているのはかなり珍しい感じですが
残念ながら3頭は除外予定。
強力な4歳勢に対し、本来はがっぷり4つになって欲しい
5歳世代は頭数的にちょっと不足感。
この世代は全体的にちょっと・・・(爆)
6歳になったフィエロ、7歳のダノンシャークは昨年の
1、2着馬だけに適性的にも侮れず、ベテランの意地か
それとも世代交代か、というレースになりそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック