けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス女王杯(各馬分析2)  担【けん♂】

エリザベス女王杯(京都2200m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

タッチングスピーチ】牝3 54.0 (栗東) ディープインパクト×(Sadler’s Wells)
休養を挟んで夏の札幌で頭角を現し、ローズSを制覇。
秋華賞本番でも期待されましたが、後方から届かず6着まで。
ルメール騎手曰く、内回りコースでは忙し過ぎるようなので
外回りに替わるのはプラスになりそうです。
逆に言えば、機動力がなく反応が鈍いタイプだと思われるので
前優勢の展開になってしまうと厳しいかもしれません。

ヌーヴォレコルト】牝4 56.0 (美浦) ハーツクライ×(スピニングワールド)
昨年のエリザベス女王杯では前々で進めて秋華賞に続き2着。
ヴィクトリアマイルでは6着に敗れたものの、宝塚記念5着のあと
オールカマーで復帰して2着と健闘。どちらかといえば長い距離の方が
好成績となっており、流れに乗って自分の位置で競馬が出来れば
牝馬同士であれば実績、実力は上位。馬格があまりなく
56kgではまだ好走経験がないのは不安材料ですが
少しずつ馬体を充実させてきているのでなんとか・・・

ノボリディアーナ】牝5 56.0 (栗東) フレンチデピュティ×(サンデーサイレンス)
重賞ではことごとく凡走を続けてきましたが、前走の府中牝馬Sで
後方から差し切って重賞初制覇を達成。もちろん能力があったと
思われますが、馬場が稍重と湿っていたことで血統的な重馬場適性が
活きた印象です。良馬場での脚比べでは実績的に見劣るので
週末に馬場が渋るようなら・・・

パワースポット】牝7 56.0 (美浦) スズカマンボ×(パラダイスクリーク)
長く下積み路線で頑張ってきましたが、7歳にして重賞路線に参戦し
京都牝馬S、中山牝馬S、マーメイドSと3着に入線。
休養明けに弱い面もあるようで、府中牝馬Sでは13着と大敗して
しまいましたが、叩いての良化には期待できそうです。
かなり極端に後方から行く脚質なので展開には大きく注文がつきますが
差し優勢の流れになれば・・・

フェリーチェレガロ】牝5 56.0 (栗東) マンハッタンカフェ×(リファーズウィッシュ)
芝に戻した初戦、マーメイドSでは後方から5着まで。
休養を挟んで馬体を増やし、前走の古都Sでは本来の前からの競馬で
芝レース初勝利を飾りました。とはいえ、8頭立てで7頭までが
横並び一線、というレースだっただけに高い評価は出来ません。
同条件といっても相手関係強化となると・・・

フレイムコード】牝6 56.0 (栗東) タヤスツヨシ×(オペラハウス)
中山牝馬S13着から休養を挟んで函館で1600万下を突破。
クイーンS5着、府中牝馬S4着とそれなりの結果は出しているものの、
重賞路線では1枚足りない感じは否めず、GⅠで相手関係強化となると
さらに厳しくなりそうです。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。