けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス女王杯(体重別実績)  担【けん♂】

エリザベス女王杯(京都2200m)について見ていきたいと思います。

体重別実績:エリザベス女王杯(05年~)】
エリ女体重

出走頭数自体が多いゾーンですが460~480kgの馬5勝と非常に優秀。
さらにその半分程度しか出走していない480~500kgの馬が3勝
この辺りの馬が明らかに好走ゾーンに入っていると考えられます。

500kgを超える馬も2着が4回・・・ただし今のところ未勝利です。
10年にはメイショウベルーガが日本馬の中では最先着を果たしましたが
スノーフェアリーの鬼脚に屈して2着と結局勝ち切れず。
条件的には馬格はある程度あった方が成績が上昇する傾向だと考えられるので、
いずれ勝ち切る馬が現れても不思議はなさそうですが
過去の傾向に従うのであればヒモ候補としておいた方がいいかもしれません。

牝馬限定戦だけあって440~460kgの馬も出走頭数が
かなり多いわけですが、ガクッと成績低下。
昨年はラキシスが458kgで久々に勝ちましたが、
その前は09年にクイーンスプマンテが逃げ切った淀の惨劇(爆)まで遡り、
さらにその前は00年のファレノプシスまで遡らねば勝った馬はいません。
※00年は460kg以下の馬が出走頭数の7割を占めており、
 昨年も6割が460kg以下と平均馬体重も軽かったことも影響して
 いたのかもしれません。

2着、3着に入ったのも03年のタイガーテイル(外国馬)から
・・・09年3着のブエナビスタまで間が空いていましたが、
出走馬の平均体重自体が過去10年で2番目に軽く、
さらに重馬場、超スローペースという特殊なパターンだった12年に
2、3着に448kg、450kgの馬が入り、
同じく重馬場となった13年も2着に456kgのラキシスが入線。
昨年も2、3着を460kg以下の小柄な馬が占めており、
近年になって傾向が変わってきている印象を受けます。
この条件が非常に得意なディープインパクト産駒の牝馬に小柄な馬が多い、
という影響もあるのかもしれません。

ただし、小柄な馬で上位に入った馬は成績的にも能力的にもかなり抜けた馬
(ヴィルシーナ、ヌーヴォレコルト、ディアデラマドレなど)
となっているので、実績不足の馬に関しては馬格で大きく割り引く
必要はありそうです。

実質斤量負担別実績
エリ女斤量

13%以上になる馬はほとんどいませんが、結果もまったく出ていません。
12.5~13.0%となると・・・データには入っていませんが、
01年にローズバド、ティコティコタックが2、3着に入って以来3着以内なし。

12.5%が好走の上限ラインと見て良さそうです。

出走頭数の割合からすると11.0~11.5%のゾーンが圧倒的に優秀。
有力馬の絞込みで悩んだら、この条件で上下を決めてもいいかも
しれませんね(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。