けいけん豊富な毎日

ダービー卿CT各馬分析3(考察③)  担【けん♂】

ダービー卿CT(中山1600m)の出走馬が発表になりました。
回避馬がかなり出たので繰り上がった馬について見ておきたいと思います。

関西は週末に雨予報が出ていますが関東は金曜にパラつくものの
基本的に晴れの予報・・・まだよくわかりませんね(^^;

これまでの考察
各馬分析1→ココ
各馬分析2→ココ

ニシノデュー】牡6 ブライアンズタイム×(Majestic Light)
中1週での出走。今回のペースを握りそうな逃げ馬です。
★東風S
12.3-11.0-11.2-11.4-11.3-11.6-12.0-12.8 (45.9⇔47.7)
★ニューイヤーS
12.3-11.5-11.3-11.2-11.6-11.7-11.8-12.0 (46.3⇔47.1)

今年初戦のニューイヤーS、前走の東風Sともに逃げてペースを作っていますが
おおよそ似たような印象です。
前半を46秒前後で後半にバテる感じ。粘りこみがあれば・・。

ブラックカフェ】牡7 サンデーサイレンス×(Highest Honor)
過去の中山1600m戦をふり返ってみると・・
クリスマスCでは前半を44.9というハイペースを2番手で追走して失速大敗。
アクアマリンSは逆に前半47.6と超スローペースを蛯名騎手らしく?後から
追い込んで3着。
卯月Sも前半47.4と超スローペース。最速の上がり(34.3)で
後方から差しきって1着。
前走の東風Sは出遅れ気味なスタートから徐々に前に進出して3番手まで
押し上げて粘って4着。周りの脚がそれほどキレなかったのが幸いした感じです。
ある程度ペースが遅くないと結果が出せていない印象ですので
上位クラスに迫るには足りない感じ。脚をためた方が良さそうですが
重賞で通用するかは疑問です。

マイネルハーティー】牡5 マイネルラヴ×(シンボリルドルフ)
05年のNZTを勝ちましたが、それ以降は勝ち星どころか3着以内も一度も
ありません。ここ3戦も二桁着順と上がり目がないように見えますが
内容面では東風Sでも34.7と最速の上がりを繰り出しており(2番目は35.3)
力がまったく足りないというわけではなさそうです。
とにかく位置取りが悪過ぎる感じはしますね(^^;
何か工夫をしてあげてもらいたいものです。

ロイヤルキャンサー】牡9 サンデーサイレンス×(ノーザンテースト)
長いこと頑張っていますが03年の夏以降勝ち星がありません。
前で粘れず、後方から追い込めず・・・厳しいです。

ローマンエンパイア】牡8 サクラローレル×(Law Society)
8歳にしてはまだ23戦と消耗は少な目。今回は1年ぶりのレースとなります。
1200~2200mと芝、ダート問わずに使われていますが
好走が目に付くのは2000m辺りですね。
弥生賞2着があるように坂を苦にしない末脚を持っていますが
ある程度高速馬場で切れ味を活かすほうが合うようです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック