けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞秋(斤量負担分析)    担【けん♂】

天皇賞秋(東京2000m)についてまとめる前にもう少し。

【実質斤量負担】
天皇賞秋斤量負担

基本的に馬格があるタイプが圧倒的に優位。
牡馬で480kgを切って勝ったのはカンパニーのみ、牝馬で460kgを切って
勝ったのはブエナビスタのみ、となっています。

牡馬の場合、460kg~480kgであればヒモ候補、として
可能性がありますが、平均馬体重自体が軽い(小型馬が多い年)といった
全体的な傾向も影響している印象です。

実質斤量負担では12.0%がおおよその好走の上限。
上回ってしまうと相当な実績、実力馬に限って良さそうです。

ショウナンパンドラは牝馬の中でもかなり小柄なタイプなので
12.5%を超える危険ゾーン。
ダービーフィズ、カレンミロティックも斤量負担の面では大きく
不安がありそうです。

アンビシャス、イスラボニータも12.0%を超えてしまっており
その意味では少なくとも先頭では買いにくい状況。
イスラボニータは叩き2走目だけにマイナス体重になる公算が高そうですが、
斤量負担的には馬体増で出てきて貰いたいものです。

最も優勢な11.0%~11.5%のゾーンの馬はヴァンセンヌと
ペルーサの2頭だけ。
ともに東京で結果を出しているので侮れませんが、さすがに・・・?

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。