けいけん豊富な毎日

菊花賞回顧    担【けん♂】

新しい時代の幕開けになるかもしれない・・・菊花賞が行われました。

2冠馬ドゥラメンテは不在ながら、クラシック上位馬が3頭出走してきており、
例年のパターン的には大荒れ・・・にはならない見込み、ということで
あえて絞った予想にしてみましたが・・・

予想は→ココ

結果は・・・

1着 キタサンブラック  3.03.9   上がり35.0
2着〇リアルスティール   クビ
3着◎リアファル

8着▲ミュゼエイリアン

※全着順は→ココ

内の馬に被せるようにしてリアファル、そしてその外をさらに
スピリッツミノルがかわいて先頭へ。

ミュゼエイリアン、レッドソロモンの後ろの内にキタサンブラック。
並ぶようにしてタガノエスプレッソ、中段前にリアルスティール、
続いてアルバートドッグ、その後ろにサトノラーゼン、タンタアレグリア。

控え気味にマサハヤドリーム、ベルーフ、マッサビエル、
後方にブライトエンブレム、ジュンツバサ、ワンダーアツレッタ。
ミコラソンに遅れて最後方にスティーグリッツ。

12.7-11.1-11.6-12.3-12.5-13.1-13.7-13.7-11.8-12.1-12.0-11.9-11.6-12.2-11.6
前半1000m 60.2
中盤1000m 64.4
後半1000m 59.3

【ラップ比較】
菊花賞K1

ここ4年と比較してみましたが、パッと見でわかるのは
年によってペースも道中の上げ下げもかなりバラバラ、ということ。

さらに今年はスタートこそ、先行争いによって速くなったものの、
中盤に思いっきりペースを緩める形になっています。

コース図と合わせてみると・・・

【ラップと馬場状態について】
菊花賞K2

特徴的なのは2度目の上りの手前で急激にペースアップしている点。
あまりのスローに我慢出来なくなったミュゼエイリアンが
前の馬をかわして先頭に立つことになりました。

こうして、前の馬がガラリと変わったことで、ペースが大幅に遅れ
早目に前で競馬をした上位陣がさらに崩れて・・・

キタサンブラックの北村宏騎手のファインプレーは
後半に外を回して上がって行く馬を尻目にじっと我慢していた点。

上り坂をかなりのハイペースで上り下りしているので消耗度は高く、
そんなんかで脚をじっくりためたことにより
直線に入って内を突いて抜けたキタサンブラックはまだ余力十分。

外からせまったリアルスティールの追撃をしのいで
見事に菊花賞を制しました(^^g

※ちょっと徹夜明けでアタマが回らないので、一旦一眠りしてから
 詳しく内容を見直したいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

菊花賞お疲れ様でした

今晩はssiwaです。
菊花賞お疲れ様でした、今週のけんさん最終予想はドンピシャでしたが、馬券の方は如何でしたか…
私も⑪リアル、⑰リアファル軸の連複で秋華賞の負けを補填しました(笑
それにしても先週末は、土曜の東京から北村(宏)騎手には随分お世話になりました!!

さて、今週の天皇賞も豪華メンバーですね~
けんさん情報楽しみにしてま~す。

ssiwa | URL | 2015年10月26日(Mon)03:06 [EDIT]


>ssiwaさん
今回は2頭の力が抜けている、という点を
信用していいレースでしたね。
キタサンブラックとミュゼエイリアンで
迷って、最後に騎手で選んでしまいました。
北村宏騎手は天皇賞春で頑張っていたのに・・(涙)

けん♂ | URL | 2015年10月28日(Wed)19:57 [EDIT]


 

トラックバック