けいけん豊富な毎日

ドバイを百倍楽しむ動画集part2   担【けん♂】

ドバイ・ワールド・カップ・デイ、次はドバイデューティーフリーについて
出走枠順と過去のレース映像をどうぞ(^^)/
ここにはアドマイヤムーン、ダイワメジャーの2頭が出走。
日本のエース格といっていい馬の世界挑戦はどうなるのでしょうか?

※シーマクラシックについては→ココ

ドバイデューティーフリー】(芝1777m:GⅠ)

 1 セイハリ SEIHALI (IRE) 牡8 ムルタ
   22戦8勝 昨年のデューティーフリー3着
   前哨戦ジュベルハッタSでイリデセンス、ベストネームに勝っており
   ドバイへの適性が高い馬です。
   ※ジュベルハッタSのレース動画は→ココ

 2 ベストネーム BEST NAME (GB) 牡4 デットーリ
   凱旋門賞4着(繰り上がり) ジュベルハッタS4着
   基本的に2000m以上のレースで走っており、ちょっと1777mは短いかも?
   ※プリンスドランジェ賞のレース動画は→ココ

 3 ストーミーリヴァー STORMY RIVER (FR) 牡4 ペリエ
   ジャンプラ賞(GⅠ)1着、ムーランドロンシャン賞2着など
   欧州マイル戦線で活躍している馬。昨年は重賞で7戦して4着以内を外さず2勝を
   あげています。マイル以上の距離は微妙か?
   ※ジャンプラ賞のレース動画は→ココ

 4 イリデセンス IRRIDESCENCE (SAF) 牝6 マーウィング
   クイーンエリザベス二世C(GⅠ)1着  ジュベルハッタS3着
   クイーンエリザベス二世Cではウィジャボード、ブリッシュラックなどを破っています。
   ジュベルハッタSでは60kgを背負って3着(今回は55kg)。
   牝馬とはいえ侮れない馬だと思います。
   クイーンエリザベス二世Cのレース動画は→ココ

 5 ラヴァマン LAVA MAN (USA) せ6 ナカタニ
   37戦16勝 GⅠ6勝
   アメリカ西海岸最強馬と言われる馬です。
   05JC以降に昨年のBCで7着になるまで7連勝、今年も2連勝中です。
   芝もダートもこなすオールラウンダー、最大のライバルかもしれません。
   ※サンシャインミリオンターフのレース動画は→ココ

 6 ミスティカル MYSTICAL (IND) せ5 ドワイヤー
   19戦16勝 GⅠ4勝
   インド最強馬の呼び声のある馬。ドバイ適性も問題ないようです。
   ※ドバイ条件戦のレース動画は→ココ

 7 カピル KAPIL (SAF) せ5 フラッド
   10戦7勝 ゴールドチャレンジ(GⅠ)2着など
   アル・ファヒディ・フォート(GⅡ)ではリンガリ、セイハリに続く3着。
   
 8 ポンペイルーラー POMPEII RULER (AUS) せ5 ニューイット
   12戦7勝 オーストラリアンC(GⅠ)1着
   豪州のGⅠを制したジェニュイン産駒。ドバイでサンデーサイレンスの血を引く馬と
   出会うというのも面白いですね(^^)g
   ※オーストラリアンCのレース動画は→ココ

 9 フラッシーウイングス FLASHY WINGS (GB) 牝4 ヒューズ
   9戦4勝 メイトロンS(GⅠ)3着、コロネーションS2着など
   重賞勝ちはありませんが好走しているようです。
   データ不足・・・
   
10 アドマイヤムーン ADMIRE MOON (JPN) 牡4  武豊

11 イングリッシュチャンネル ENGLISH CHANNEL (USA) 牡5 ヴェラスケス
   17戦10勝 GⅠ3勝
   BCターフ3着のあと、今年初戦(1800m)でレコード勝ちを飾っており
   上り調子です。5着以内を外さない安定感もあり怖い1頭ですね。
   ※ターフクラシック招待Sのレース動画は→ココ

12 ミエスクズアプルーヴァル MIESQUE'S APPROVAL (USA) 牡8 カストロ
   40戦12勝 GⅠ1勝
   昨年のBCマイル覇者、今年初戦のカナディアンターフHでは5着に敗退していますが
   叩いて調子を上げてくれば怖い1頭だと思います。
   ※BCマイルのレース動画は→ココ

13 ダイワメジャー DAIWA MAJOR (JPN) 牡6 安藤勝己

14 フォーマルディクリー FORMAL DECREE (GER) せ4 マカヴォイ
  16戦6勝 アルラシディヤ(GⅢ)1着 ジュベルハッタS(GⅡ)2着
   今年に入って調子を上げてきています。前走のジュベルハッタSで
   ドバイ適性も示しており要警戒。
   ※ジュベルハッタSのレース動画は→ココ

15 バッドガールランズ BAD GIRL RUNS (SAF) 牝5 キネーン
   8戦6勝 GⅠ2勝
   どちらかというと短距離馬のようです。戦績から言って侮れませんがデータ不足・・

16 リンガリ LINNGARI (IRE) 牡5 シーア
   16戦8勝 アル・ファヒジ・フォート1着 フォレ賞2着(同着)
   フォレ賞では武豊騎手を背に走って2着に飛び込みました。
   アル・ファヒジ・フォートではセイハリ、コートマスターピースなどを破っており
   力関係では上位クラスだと思われます。
   ※フォレ賞(2着)のレース動画は→ココ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ここは日本馬最大のチャンスでしょうね。
しかしラヴァマンはダートのイメージがありましたが芝でもこんなに強いんですね。
先行して力強く抜け出す競馬は私好みでもあり、どんなレースを見せてくれるのか楽しみです。
この馬とダイワメジャーが競り合うところへアドマイヤムーンが強襲といったゴール前が目に浮かぶようです。

temporalis | URL | 2007年03月28日(Wed)05:56 [EDIT]


>temporalisさん
おー!おっしゃるとおりのその光景が私の目にも
浮かびました(^^)g
ラヴァマンを倒せたら世界でも充分に戦って
いけそうな感じですよね♪

昨年の例からいって馬場適性がとても重要だと
思われます。合わなかったら手も足も出ないかも。
香港で激走できた分ムーンに期待したいかなぁと
思っています(^^)g

けん♂ | URL | 2007年03月28日(Wed)08:54 [EDIT]


 

トラックバック