けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞(各馬分析1)    担【けん♂】

菊花賞(京都3000m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

アルバートドック】牡3 57.0 (栗東) ディープインパクト×(Unusual Heat)
春は京都新聞杯3着があるものの、クラシックには僅かに届かず、
白百合Sで3勝目を達成。休養明けの神戸新聞杯では後方から
前の馬に引き離されて完敗の7着。叩いての良化でどこまで、というところですが、
春の力関係を引っくり返すほどの材料は不足。京都外コースで好走しているのが
あえていえば強味になれば・・・

キタサンブラック】牡3 57.0 (栗東) ブラックタイド×(サクラバクシンオー)
3連勝でスプリングSを勝ちましたが、皐月賞3着のあとダービーでは
14着と大敗。春先から大きく馬体を増やしており、休養明けに
さらに馬体増でセントライト記念を制しており、成長分にも期待出来そう。
前走はコーナー手前から長く脚を使う展開を作って前で押し切っており
京都外への適性も高そうです。

サトノラーゼン】牡3 57.0 (栗東) ディープインパクト×(Intikhab)
デビューkら複勝圏を外さない安定した好走を続け、京都新聞杯を制したあと
ダービーでも2着と健闘。しかし、休養明けに輸送競馬となった
セントライト記念で中段から伸びず7着と敗退。輸送ありで馬体重が増えており
絞りたかったのかもしれませんが、状態とレース選択の影響には不安が
あるかもしれません。京都新聞杯を含み、京都では2戦2勝、状態さえ
まともなら好走が期待出来そうですが・・・

ジュンツバサ】牡3 57.0 (美浦) ステイゴールド×(アフリート)
秋デビューで12着と大敗し、長期休養を挟んで春から2連勝。
セントライト記念でも3着と健闘しています。
増えた馬体をここ2戦で絞り込んできており、上積みにはあまり
期待出来ないと思われますが、長く脚を使う展開に対応して
末脚を見せているので、血統的にはコースはプラスではないものの
位置取りと仕掛けどころ次第。

スティーグリッツ】牡3 57.0 (栗東) ハービンジャー×(アグネスタキオン)
秋デビュー勝ちからなかなかピリッとしませんでしたが、
夏場になって調子を上げ、2着入線のあと2連勝で1000万下を突破。
好位、中段から機動力を見せて前に寄せる競馬が出来ているので
内回り、小回りコースでは特に期待出来そうですが
京都で長く脚を使えるのかは今回が試金石になりそう。

スピリッツミノル】牡3 57.0 (栗東) ディープスカイ×(ラムタラ)
勝ち上がるのに8戦を要しましたが、その後3連勝ですみれSを勝って
クラシックに臨みましたが、皐月賞9着、京都新聞杯6着を挟んで
ダービーでは18着と大敗。休養明けの丹頂Sでも逃げたところから
失速して14着に沈んでおり、体調面にも不安があるかもしれません。
道中が超スローに落とせれば前でタフな脚が使えるので同型の馬との
兼ね合いも考えたいところ。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。