けいけん豊富な毎日

秋華賞(騎手データ分析)   担【けん♂】

過去の秋華賞(京都2000m)で上位に入線した騎手を一覧にしてみました。

【秋華賞:上位入線騎手】
秋華賞騎手2

※黒抜きは引退騎手

空色で示した騎手は2回以上、秋華賞で入線(5着以内)している騎手。
すでに引退している安藤勝、本田、松永、佐藤哲といった騎手も複数回入線しており、
それを含めると騎手の面でもリピーターが結果を出しているレースであることが
はっきりとわかります。

京都2000mはかなり難しいコースらしく、騎手の間でも
1番人気では乗りたくない、という声もあるそうです。

少なくとも慣れが必要。
騎乗機会が少ない関東の騎手は特に割引きが必要になると思われます。

今回の秋華賞に騎乗する騎手の秋華賞での実績を見てみました。

【秋華賞実績】
秋華賞騎手2

ひとまず、秋華賞に初騎乗となるのは柴山、丸田、黛、川須の4騎手に
加えてデムーロ、ルメール騎手。
今年はちょっと不慣れ(だと思われる)な騎手が多いですね。

柴山騎手は京都2000mで7回しか騎乗経験がなく、丸田騎手も3鞍だけ。
黛騎手はなんと騎乗機会ゼロ。
さすがに馬の力にプラス効果はなさそうです。

川須騎手はこの条件の騎乗回数は40鞍以上と問題ないのであとは舞台度胸(爆)
外人騎手は基本的に一発で結果を出さねばならいので「慣れ」に関しては
気にしなくて良さそうです。どちらも内回り、小回り巧者という点でも
問題はなさそう。

近年、騎乗機会8で3勝している岩田騎手、それ以前に3勝、2着1回、3着1回と
好成績をおさめている武豊騎手がこの条件では筆頭候補。
池添騎手も1勝ながら2着、3着にも絡んでおり、ここでは侮れません。

騎乗回数では最多となる福永騎手は未だに勝ち切れていないのが難点。
横山典騎手も2着、3着は多いものの・・・勝てていないというのは
気になるところです。


騎乗回数が多い割に結果が出ていないのは・・・川田、吉田豊、浜中騎手。

吉田豊騎手は97年に勝っていますがそれ以来、掲示板もないのは
厳しい印象。
川田騎手は4着が1回だけというのは心許ない成績です。
浜中騎手は昨年、内を強襲してとうとう初勝利。
それまでまったく結果を出せていなかったので、信頼は出来ませんが
阪神内回りが上手い印象なので京都でもこれからは・・・?

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック