けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋華賞(各馬分析1)   担【けん♂】

秋華賞(京都2000m)出走予定馬について見ていきたいと思います。
まずは出走権のある17頭から。

アスカビレン】牝3 55.0 (栗東) ブラックタイド×(スウェプトオーヴァーボード)
3戦目に白菊賞を勝ちましたが、クラシック前哨戦ではチューリップ賞の
5着が最高位。休養を挟んで減っていた馬体を戻して2戦目に
1000万下を2馬身差で圧勝しており、実績面の条件をクリアしていますが
前2頭が離して逃げる展開をスローに落として追走して前から抜けた
内容だけに高い評価は微妙。それでも春からの成長分には期待できそうです。

アンドリエッテ】牝3 55.0 (栗東) ディープインパクト×(Silver Deputy)
チューリップ賞で見せた末脚をクラシック本番では発揮し切れず
桜花賞6着、オークス5着と届かず。復帰戦のローズSでも
後方から追いかけましたが上位馬には脚色で乾杯。叩いての逆転を
考えるとしたら大きく馬体を増やせているので成長分がどうか・・・

アースライズ】牝3 55.0 (栗東) マンハッタンカフェ×(Cape Cross)
3戦目に勝ち上がり、フラワーC2着に入ってクラシックに出走したものの
桜花賞では8着、オークスは前に離された4着まで。
夏場にマーメイドSで復帰しましたが馬体を落としてしまい9着、
遠征競馬となった紫苑Sでは先行気味に行って7着に沈んでしまいました。
ここ2戦の臨戦課程に疑問があり、内容的にも不足。
馬体は戻せたものの、上積みまでは・・・

キャットコイン】牝3 55.0 (美浦) ステイゴールド×(Storm Cat)
3連勝でクイーンCを制して臨んだ桜花賞では馬体を大きく落として7着。
オークスでもさらに馬体を減らして12着と大敗してしまいました。
秋に成長が見込める血統ですが、休養明けの輸送競馬でぶっつけ本番
となると余程の実績がないとこなせない傾向。

クインズミラーグロ】牝3 55.0 (美浦) マンハッタンカフェ×(In Excess)
夏にデビューしたものの、勝ち上がったのは6戦目の3月。
そこからは連対を外しておらず、夏場に500万下を勝ち、
前走の紫苑Sで連勝。スローの中で押し上げつつ脚を使えた点は
評価してよさそうです。馬格は不足気味なので関西への初輸送がどうか・・・。
実績的な条件では不足があるだけに上位馬との脚比べでは厳しそうかと。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。