けいけん豊富な毎日

オールカマー(斤量負担分析)   担【けん♂】

職場のトイレが和式なんですが・・・座って用を足して
立ち上がろうとしたら、腰から右腿にかけてピキーンと痛みが走り、
「あらららら・・・?」立ち上がれない!\(◎o◎)/!

やばい、このままトイレから出られなくなったらどうしよう?!
そもそもお尻丸出しでは救助を呼ぶにも呼べない・・・(爆)

なんとか体重を左足に極端にかけ直して、右足を浮かすようにして
片足スクワットの感じで立ち上がろうとしましたが
無節操に増やした体重が邪魔してなかなか上手くいきません。
うーん、普段デブであることをそれほど気にしていませんが
まさかこんな落とし穴があるとは・・・(T_T)

なんとか壁に手をついて引っ張り上げるようにして
立ち上がることに成功しましたが、右腰辺りの痛みが
なかなか消えず、今度トイレに入ったときに
どーなってしまうやら?! ホンキデコワイ・・・

お客さんの中にもたまに「洋式じゃないと無理」とか
言う人がいますが、初めてその気持ちがわかった気がします。

しょーもない話はひとまず置いておいて、
オールカマー(中山2200m)について、時間不足ながら
もう少し見ておきたいと思います。

【実質斤量負担】
オールカマー斤量負担

フルゲートになるかと思いきや、15頭立てと少し
落ち着いてしまいました。

過去のオールカマーでは基本的にバランスのとれた
中大型馬が優勢。
特に480~500kgのゾーンに入るところが
ホットゾーンとなっています。
中山巧者のロゴタイプ、ペースを握る可能性がある
マイネルミラノ、遠征帰りの新鋭マイネルフロストなどは
データ的にも狙えそうです。

460kgを切るような小柄な馬は特殊な馬しか好走がなく
あえていえば・・・GⅠ馬でなおかつ斤量が軽い牝馬の
ヌーヴォレコルト、ショウナンパンドラは及第点としておいても
いいかもしれません。

500kgを超える大型馬も好走がありますが
実質斤量負担が11.0%を下回るとほとんど好走出来ていないので
一応要注意。サトノノブレスは馬体増になっている可能性もあるので
当日の様子には要注目としておきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック