けいけん豊富な毎日

ローズS(各馬分析2)   担【けん♂】

ローズS(阪神1800m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

タッチングスピーチ】牝3 54.0 (栗東) ディープインパクト×(Sadler’s Wells)
チューリップ賞9着、忘れな草賞8着と春は結果が出せませんでしたが
休養を挟んで札幌で500万下を後方から差し切って2勝目。
末脚を伸ばせた点は成長分として評価出来ますが、500万下ではまだ不足感。

ティーエスクライ】牝3 54.0 (栗東) ハーツクライ×(ブラックタイアフェアー)
つわぶき賞を後方から差し切って2勝目を挙げて以降は位置取りを後に固定。
チューリップ賞8着、フラワーSと届かず、さらに馬体を28kgも落としてしまい
復帰戦でもマイナス体重と上積みにも期待出来ない状況で13着と大敗。
実績的にも状態的にもここで期待する材料には欠けてしまっています。

テルメディカラカラ】牝3 54.0 (栗東) ハービンジャー×(ダンスインザダーク)
3戦目に勝ち上がり、距離を延長してある程度位置を取れるように
なってから成績は安定傾向。春先に減らした馬体を戻し切れておらず
本格的な良化はまだ先になりそうですが、白藤賞ではそれなりの脚を
使えているので前々で決まる決着になれば。
ただし500万下までの実績は物足りません。

ディープジュエリー】牝3 54.0 (美浦) ディープインパクト×(Giant’s Causeway)
3連勝でスイートピーSを制しましたが、2戦目で減った馬体を
戻し切れず、大事を取ってオークスを回避。
前優勢の流れを強引に差し切る末脚を見せていただけに
上位実績馬相手にどこまで出来るかは見ておきたかったところです。
まだ底を見せた感じはないので、順調に復帰出来ていれば
改めて力関係を確認しておきたいですね。

トーセンビクトリー】牝3 54.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
勝ち上がるのに3戦を要しましたが、休養を挟んで春の復帰戦を
叩きつつ良化。前走の1000万下では好位から鋭く抜けて
完勝で連勝を飾りました。春の上位馬に対抗できるだけの実績を
見せているので血統からしても今後に期待したい1頭。

ペルフィカ】牝3 54.0 (栗東) ゼンノロブロイ×(Sky Mesa)
こぶし賞で2勝目を挙げて臨んだフィリーズレビューで後方から
2着に飛び込みましたが、桜花賞では13着と大敗。
オークスでも後方から動けず14着と連敗してしまいました。
馬格がない上に、デビューからマイナス体重が続き、
▲20kgでは上積みにも期待しにくかったかと。
休養を挟んで馬体を戻して再始動して貰いたいですね。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック