けいけん豊富な毎日

セントウルS回顧   担【けん♂】

めっきり涼しくなりましたね~。
自転車での帰宅すると夜風が肌寒く感じられます。

暑いのが得意なわけではありませんが、寒いのは極端に苦手なので
これからさらに寒くなっていくと考えると気が滅入ってしまいます。

・・・帰り着いた途端にチェーンが外れて、すでに気が滅入りましたが(爆)

遅くなってしまいましたがセントウルSについて振り返ってみたいと思います。

表面的な考察だったので、あえて絞り込んでみたわけですが・・・

予想は→ココ

結果は・・・

1着 アクティブミノル   1.07.8  上がり33.8
2着▲ウリウリ        ハナ
3着 バーバラ

8着〇ハクサンムーン
9着◎リトルゲルダ

※全着順は→ココ

にゃ、にゃんと・・・

内から積極的にハナを奪って逃走したのはなんと3歳馬の
アクティブミノル&藤岡康騎手。
NZTでは前の馬について行って惨敗してしまいましたが
自らのペースで行ったファルコンSでは2着に粘っていたわけで
まずは気持ちよく走らせることを優先した感じ。

2番手にハクサンムーン。馬体写真のとおり、+8kgとちょっと
余裕残しで本番を見据えた仕上げ。

ルチャドルアスールが続き、好位にバーバラ、メイショウイザヨイ。
その後ろにリトルゲルダ、マイネルエテルネル。
中段にストレイトガール、サカジロロイヤル、メイショウツガル。

控えてブランダムール、マヤノリュウジン、ウリウリ。
後方からミッキーラブソング、ホウライアキコ、最後方にマテンロウハピネス。

11.9-10.8-11.3-11.1-10.9-11.8
前半600m 34.0
後半600m 33.8

【ラップ比較】
セントウルグラフ

改装以降(07年~)に行われたセントウルSの平均ラップと
比較してみると、今年はかなり前半が緩かったことがわかります。
前半600mのラップ計が34.0を超えたのは11年以来で2回目。
昨年の329はやり過ぎにしろ、33秒台前半で行くことも多い
レースだけに、ちょっとレベルとしては評価しにくい印象です。

後半もジワジワとした消耗戦になりがちなレースですが、
今年は前半で脚をためたことで、逆に加速していく展開。

展開としては・・・かなり先行有利な流れになっていると考えられます。

最内を通ってコーナーリングしたアクティブミノルは後続の追撃を
振り切るように直線でも脚を伸ばし、ハクサンムーン、リトルゲルダが失速。

替わって、内を抜けて追いついてきたバーバラが迫り、
外から津浪のようにストレイトガール、ウリウリが襲い掛かり・・・
ゴール前は横並びになりましたが、アクティブミノルが見事に逃げ切って
重賞制覇!
2着には経済コースを通ったバーバラ、3着にはウリウリが飛び込む
結果となりました。

★レース後のコメント
1着 アクティブミノル(藤岡康騎手)
「自分の競馬が出来ればと思っていましたし、ハナを切るのが理想でしたが、
スタートが決まってそれが出来たのが大きかったですね。行き切ってからは、
道中思ったよりも楽なペースで行かせてもらえました。1200mで強さを証明出来ましたし、
これからもっと力をつけてくると思います」

(北出成人調教師)
「前半3ハロン33秒9というペースを見た時に楽なペースと思いましたし、
これなら何とか凌いでくれるかなと思って見ていました。使い込むよりも
休み明けの方がいいのかもしれませんが、3週後にスプリンターズSがあるので、
テンションを上げないようにやっていきたいですね。精神的に春より
大分しっかりしてきましたし、次もハナにはこだわりたいです。
ジョッキーに関しては、藤岡康太騎手にビッグアーサー(というお手馬)がいますし、
様子を見て考えたいと思います」

2着 ウリウリ(岩田騎手)
「大外枠からよく2着に頑張りました。大外で1200mなら、
すべてがうまく運べないと難しいですからね。瞬発力は一級品、
でも道中はまだ課題があります。このレース、何とか次につなげたいですね」

3着 バーバラ(武豊騎手)
「最高の競馬が出来ました。よく頑張ってくれました」

4着 ストレイトガール(戸崎騎手)
「いい感じで集中して走っていました。ただ、馬場のちょっと緩いところに
脚を取られたところがありましたね。もっと内枠が良かったかな、という気もします」

5着 マヤノリュウジン(横山典騎手)
「このペースにも対応して、よく頑張っています。年齢的な衰えも感じません。
次も頑張ってもらいたいですね」

6着 メイショウツガル(幸騎手)
「今日は内々でロスのないレースをしました。上位と差がないレースが出来ました。
こういうレースをしていたらチャンスはあると思います」

7着 ミッキーラブソング(小牧騎手)
「一瞬、来るかと思いましたが...。内枠ならまた違った結果になったと思います。
まだ秘めた能力がありそうです」

8着 ハクサンムーン(西園正都調教師)
「うまくレースを運べたとは思いましたが...。しっかり作ったつもりだったのですが...。
久々の分でしょうか。本番で巻き返したいと思います」


うーん、休養明けの実績馬は微妙に足りず、年齢的にも6歳馬は
若い馬に及ばず・・・その意味では過去の傾向に準じた結果と言えますが
アクティブミノルに関しては過去に3歳馬で好走した
ダッシャーゴーゴーやエピセアロームと比べても実績的に見劣るわけで
かなり違和感のある結果だと思われます。

斤量ハンデもありますし、成長分にも期待出来る分、
今後も3歳馬が出てきたらひとまず要注意、としておきたいと思います。

レースレベルが低いだけにリトルゲルダ、ハクサンムーンの失速は
ちょっとショック。
本番までに立て直して来れるか、注目したいですね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

帯にはあと少しで届かんかったけど、去年の中京記念以来のホームラン(笑)
秋のトライアルもこの調子でもう一、ニ発打てんかな^^

らむー | URL | 2015年09月14日(Mon)20:05 [EDIT]


>らむーさん
大的中おめでとうございます!

うーん、こういうフルスイングは参考に
させて頂きたいものですね!
今後も期待しています(^^)g

けん♂ | URL | 2015年09月20日(Sun)04:04 [EDIT]


 

トラックバック