けいけん豊富な毎日

セントウルS(各馬分析1)   担【けん♂】

セントウルS(阪神1200m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

アクティブミノル】牡3 54.0 (栗東) スタチューオブリバティ×(アグネスタキオン)
連勝で函館2歳Sを制しましたが、その後距離延長で苦しみ、
ファルコンSで2着に粘ったものの、NZTでは15着と大敗してしまいました。
先行力を活かすスタイルですが、最後にキレがなく、古馬との対戦となると
そこまで推せる材料には不足感。

アースソニック】牡6 56.0 (栗東) クロフネ×(サクラユタカオー)
13年の京阪杯以来、勝ち切れていないものの、この夏は函館SS2着、
アイビスSD3着と衰えのないどころか昨年以上の頑張りを見せています。
夏を使った点はプラスに働きそうですが、ここ2走は勝ち馬には
かなり離された結果だけに、相手関係強化では・・・

ウリウリ】牝5 54.0 (栗東) ディープインパクト×(フレンチデピュティ)
マイル路線で使われていましたが、前走のCBC賞で初めて1200mに挑戦し
見事に重賞制覇を達成。本来の位置取りよりも後方からになりましたが
タフな末脚を発揮出来たのは収穫。前優勢なコースに、相手関係強化で
どこまでやれるか、今後に向けて注目。

サカジロロイヤル】牡7 56.0 (栗東) バゴ ×(ブライアンズタイム)
年齢による衰えを感じさせず、この春にOPを制覇。
1000mでの脚力勝負では及ばず、猛ペースになった北九州記念でも
17着と失速してしまいましたが、スローで先行出来れば
まだまだ頑張れそうです。ただし、ハイペースになりやすい
このレースではさすがに・・・

ストレイトガール】牝6 55.0 (栗東) フジキセキ×(タイキシャトル)
海外遠征から帰国後、休養明け初戦となった高松宮記念では13着と
大敗してしまいましたが、ヴィクトリアマイルでは見事にGⅠ制覇を達成。
年齢的な衰えに関してはまったく問題なさそうですが、休養明けということを
考えると少し割引は必要になりそうです。

ハクサンムーン】牡6 56.0 (栗東) アドマイヤムーン×(サクラバクシンオー)
13年のセントウルSを制し、昨年も2着と健闘。
この春は復帰戦のオーシャンS2着のあと、高松宮記念でも2着と踏ん張り
短距離路線のトップを争う馬であることを改めて示しました。
今年も休養明けの叩き台、という位置づけのレースになるので
いきなりの分を割り引いてどこまでやれるか注目。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック