けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤田騎手の引退に際して   担【けん♂】

retirement_message_cnt_topbnr01.jpg

うーん、実際の騎手同士の関係は部外者にはわかりませんが、
あえて引退の場においてこんな文章を書くくらいなので
相当不満は鬱積していたんでしょうね。

藤田騎手の主張が正しいのであれば

・競馬において騎手の腕は関係なく、エージェントを通して
 良い馬が回ってくるかどうかで成績が決まる。


ということになるわけですが、そうなると彼の言う
ピリピリとして切磋琢磨な勝負の世界
が何を差すのかが微妙。

そもそもエージェントがいようといまいと良い馬も悪い馬(失礼)も
いたりするのは当然の事実。
前段で「良い馬が回ってきた騎手が勝つ」と(暗に)いっている
わけですから、レース本番になってしまったら
すでに勝負付けは終わってしまっていることになるわけで、
騎手の切磋琢磨は関係ない、ということになってしまいます。

つまり・・・ピリピリと切磋琢磨しながら、どうやって
良い馬を調教師(馬主)から与えて貰うかの勝負をする

ってことでしょうか?

そのために「調教を頑張っている連中の活躍の場」を気にする
というのなら一応筋が通っているような気もしますが、
なんというか・・・それだと「騎手」ではなく、
調教のお手伝い」もしくは「調教師のご機嫌伺い
という感じになってしまうわけで、自らが頑張ってきた
騎手という職業自体を否定しているような気がします。

・・・まぁ要は論理的に破たんしている、ってことですが(爆)


馬主からしたら自分が大金をかけて手に入れた馬に
勝って欲しいのは当然なわけで、
調教師からしても、懸命に育て上げて、仕上げた馬を
勝たせるために良い騎手を確保したい、と考えるでしょうし、
騎手も自身の繋がりだけで、良い馬に乗せて貰えるような
関係を作るのは難しく、本来の「騎手」の仕事に集中しつつ
騎乗数を確保するのにもエージェントの存在は重要、
だと考えられます。

結局のところ、腕のない騎手のところにいい馬は
回ってこないわけで、藤田騎手の主張は表面的には
正しい面もあるのかもしれませんが、騎乗依頼が減ってくる、
良い馬が回ってこない、というのはエージェントだけの
問題ではなく、藤田騎手の騎乗内容の評価が影響している
と考えるべきではないのかと。

実際、レースを観ていても、走るのは馬ですから
絶対的な能力差が出てしまうことはあっても、
走らせる騎手の腕の差で勝負が決まる、という場面は多く、
ペース配分、位置取り、仕掛けどころ、コース取り、
馬とのコミュニケーション、などあれやこれやという
騎手の役割は非常に大きいと思われます。

自分の好騎乗が自分の評価になり、良い馬が回ってくる
回数が増えて、さらに評価が高まり・・・という
良い意味での連鎖反応が起こっている騎手もいたりするわけで
藤田騎手の主張は・・・正直、ちょっと残念に思えてしまいます。

静かに引退したい、というのならこんな最後っ屁みたいな
文章はいらなかったんじゃないのか?とも思いますが(爆)
ひとまず25年間お疲れ様でした。
なんというか、時代が移り変わっていくなぁと改めて
感じてしまいました。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

予想する立場の側としては外人と地方出身を買っておけば馬券が当たりそうな気がする。というのが現状なので藤田騎手の言ってる事はなんとなく感覚的に理解できます。
そんな競馬が楽しく無くなってきたので自分は藤田騎手の引退を気に競馬は辞めようかなと思ってます。

たろすけ | URL | 2015年09月07日(Mon)04:16 [EDIT]


けんさんお疲れ様ですm(__)m
正直自分は藤田騎手をよく知りませんが、
とにかく自分が言いたいことを言う人って印象を持っています。

これって難しいんですよね。
普通は世間の目、体裁をつくろって物事を発するのか常ですが
自分の思ったままを正直に言うのは難しいです。
一般企業でもそうですが、思ってる事を会議でぶちまけるのは難しいです。

発言が正しいかどうかは分かりませんが・・・
そういった意味では貴重な人物だったのではないでしょうか。
このての人は大概同業に嫌われるタイプですね(笑)(°▽°)

ストイック | URL | 2015年09月07日(Mon)05:48 [EDIT]


いつもお疲れ様です。藤田騎手の引退は残念です。私は競馬歴20数年ですが何が変わったって馬主と調教師の関係だと思っています。今の競馬界馬主様々ですから昔は名馬一騎手でしたが昨今強い馬でも乗り替わりが多すぎて思い入れが削がれます。これは馬主の発言力が強く影響しているのが事実ですね。馬産地もそうですが社台一色が今の競馬界。松本オーナーのような方が今や貴重な存在です。

ヌエボ闘将 | URL | 2015年09月07日(Mon)08:25 [EDIT]


けんさん、お疲れ様です。体調はいかがですか?あまり無理をなさらずです。
藤田騎手…。私には何となく気持ちがわかります。岡部ラインと揶揄されるようなことが昔もありましたが、エージェントのグループだから競り合わない、仕掛けない、勝負に行かない、最近は露骨過ぎます。
懐古主義だからなのかも知れませんが、今は見ていてワクワクしません。観客をおいてけぼりの、金持ちたちのマネーゲームをただただみせられているように感じます。

恫喝逃げなども言われましたが、それでも個性派のひとりがまた消えて寂しい限りです。

ねむたい | URL | 2015年09月07日(Mon)11:01 [EDIT]


美浦だと非主流系エージェントが
内田、戸崎を抱えていてそうでもありませんが、栗東だと
「岩田・福永・浜中・川田・四位など」
が競馬ブック系
「ルメール・デムーロ・浜中、小牧など」
が競馬ニホン系と、主要な上位騎手が全部特定のラインで
固まっているのが問題なのです。

力の無いエージェントのグループ(他がリーディング下位の騎手の集まり)だと、
いくら上手い騎乗をしても主戦になれる可能性は低い。
なぜならもし乗れなかった場合、
次善の騎手がリーディング下位の騎手になってしまうからです。

ちょっと効率化を追及しすぎた様な状態が今の栗東。

藤田騎手が言いたいのはこの辺だと思います。
もちろん、腕である程度はフォロー出来るでしょうし
若くて有能であればいずれか良いグループに入れるでしょうが。

私個人としては今はエージェント制度の過渡期だと思います。
今後は例えばエージェント1名につき、
前年リーディング上位10名の内1名と他2名と若手1名
などもっと分散させないと、この辺りは解消されないでしょうね・・・。

koutarou | URL | 2015年09月07日(Mon)16:45 [EDIT]


追記すみません。藤田騎手は実績を見ても分かる通り馬を真っ直ぐに走らせることに長けた騎手です。ジェンティルドンナでの岩田騎手の騎乗やミルコデムーロのドゥラメンテの騎乗は昔なら降着処分だといえます。この様なJRAの判断基準も藤田騎手は不満だったのではないでしょうか?岩田騎手もデムーロ騎手も勝たせることに長けた騎手ですが勝てば官軍っといったレースが多くなってるのも事実です。そこに不満を抱いてる騎手は多いはずで藤田騎手はこんなJRAの体制に不満を募らせた結果のような気がします。

ヌエボ闘将 | URL | 2015年09月07日(Mon)20:11 [EDIT]


藤田騎手引退はむしろ歓迎

けんさん、こんばんは。

藤田騎手の本、以前買って読みました。
でも私にとっては時代錯誤な人だな、という印象しかありませんでした。

残念ながら、私は彼が過去にどれだけ勝ったか知りません。
外人騎手、地方出身騎手が強いのは現実です。
当然、勝てる騎手をオーナーサイドは乗せたいでしょう。

しかしながら若手の若松騎手、義騎手等も活躍しているように見えます。エージェントシステムの事良く知りませんが、頑張っている(成績を上げている)騎手はいるのも現状ではないでしょうか?

岩田騎手批判をしていた藤田。でも川田、蛯名、岩田騎手の様な腰追いをやっています(藤田騎手はトントン乗りと馬鹿にしていましたが)。

過去にG1を制した騎手の様ですが、今の時代に合わなくなった騎手。
実際、藤田騎手の騎乗で感動した事ありません(感動どころか失望の方が多かった)。

騎手生活お疲れ様でした。第二の人生頑張って下さい。

すなやん | URL | 2015年09月07日(Mon)20:45 [EDIT]


失礼しました

けんさん、すみません。

記事をもう一度読み直したら、私が思っていた事のほとんどをけんさんが書かれていますね。
失礼致しました。

すなやん | URL | 2015年09月07日(Mon)20:50 [EDIT]


>たろすけさん
強い馬に上手い騎手、という組み合わせが
増えるのは予想する側からすれば
当てやすい(といってもハズレますが:笑)
気がするのはたしかですよね。

結局のところ、馬主体で考えるか
騎手主体で考えるか、ということにも
なりますが、能力のある馬が騎手の失策で
力を出せないのも可哀想なわけで、
見方、考え方はいろいろです。

改めて競馬の楽しさについて考え直すのも
いいのかもしれませんね・・・

けん♂ | URL | 2015年09月08日(Tue)06:42 [EDIT]


>ストイックさん
たしかに空気を読まずに発言するタイプ、
とう印象です(あくまえ個人的な感覚です^^;)

みんなが気を使って発言しないようなことに
どんどん踏み込むタイプは貴重ですが
今回の内容に関してはちょっと個人的には
自分が結果を出せない恨み言なのかな、と
思ってしまいました。

なんにしろ、公正で楽しい競馬になることを
期待したいものです。

けん♂ | URL | 2015年09月08日(Tue)06:59 [EDIT]


>ヌエボ闘将さん
最近で長くコンビを組んだといえば・・・
メイショウサムソンくらいでしょうか。
(最後は乗り替わりましたが)

たしかにおっしゃるとおり、名コンビ!
みたいな馬って減ってしまいましたよね。
ドリームパスポートのような不遇な結果に
ならないよう、調教師もしっかりと
騎手、馬主との関係を作って貰いたいものです。

けん♂ | URL | 2015年09月08日(Tue)07:01 [EDIT]


>ねむたいさん
たしかに同じ系列の騎手が暗黙で
列を組むというのはある感じですね。

まぁ藤田軍団と言われることもあったので
あまり言えないのかもしれませんが
いっそ、競輪のように人間関係までも
予想に組み入れるのがいいのかもしれません。
・・なんかイメージが変わってしまいますが(爆)

おっしゃるおおり、個性派がいなくなるのは
寂しいですよね。残された騎手もそれぞれが
特長を発揮して盛り上げて貰いたいものです。

けん♂ | URL | 2015年09月08日(Tue)07:05 [EDIT]


>koutarouさん
貴重な情報、ありがとうございます。

たしかに上位騎手が固まってしまうのは
問題がありそうですね。
結局のところ、必要とされて出てきた
エージェント制なわけで、おっしゃるとおり
過渡期を通ってもっと良い形におさまることに
期待したいと思います。

一度しっかりまとめて予想に活かすというのも
ありなのかも・・・

けん♂ | URL | 2015年09月08日(Tue)07:09 [EDIT]


>ヌエボ闘将さん
たしかにフェアプレーという点で
藤田騎手は評価が高いですね。

日本の競馬がどこに向かうかわかりませんが
欧州のような激しいスタイルの場所で
勝てるような馬、騎手を育てるならば
やはり内を突いたり、コーナーリング、
コース取りに力を発揮出来る技術を
高めていくのもありでしょうし・・・

殺伐とした競馬もどうかと思いますが(笑)
やはり勝つことにこだわる、というのは
馬券を買う側への対応としても
必要とされる気がします・・・が難しいですね。

けん♂ | URL | 2015年09月08日(Tue)07:14 [EDIT]


>すなやんさん
少なくとも結果を出している騎手の乗り方を
馬鹿にするような発言はひがんでいるように
聞こえるだけに、止めた方が良かった気がしますね。

おっしゃるとおり、こういう中でも
結果を出して上がってくる騎手はいるわけで
結果を出せないのをエージェント制のせいにするのは
ちょっと違う気がします。

第2の人生で競馬を貶めることのないよう
気を付けて頂ければ、と思います・・・

けん♂ | URL | 2015年09月08日(Tue)07:18 [EDIT]


けんさんすみません

騎手の名前間違えていました。
誤:若松 正:松若

失礼いたしました。

すなやん | URL | 2015年09月08日(Tue)12:24 [EDIT]


今更ながら

遅いコメント書き込み失礼します(笑)

藤田騎手は自分が問題児であることを自覚していると思います(爆)
なので、自分を除いたその他の騎手という捉え方をすれば見方が変わると思いますよ。

必要の無い最後っ屁というのも一理あるのですが、「調教を頑張っている」では無く、「調教から頑張っている」と表現できる競馬会にしていって欲しいという後輩たちへの激励ともとれるかなと。

まぁ藤田騎手の真の思想を実現したら、すなやんさんが仰るように時代錯誤となる可能性も多いにありますけどね(笑)

tapa | URL | 2015年09月08日(Tue)16:09 [EDIT]


けんさん
いつも楽しく貴ブログを拝見しております。
藤田騎手はその思いを二年前に「騎手の一分」という本(講談社現代親書)で述べています。エージェント制度やJRAの問題を指摘しています。引退の示唆もしています。決して「あえて引退の場でこんな文章を書いた」訳ではありません。ある意味「最後っ屁」ではありますが。
いろいろご意見はあるでしょうが、この機会にもう一度読んでみようと思います。

キングギドラ | URL | 2015年09月08日(Tue)16:58 [EDIT]


いろいろご意見はあるでしょうが、私には外国人騎手をJRAの騎手にしたり、地方出身騎手を重視したり、妙な降着制度や、意味不明なプログラム変更したりするする日本競馬界/JRAは理解出来ません。
その意味では、私は藤田騎手派です(^_^)v

名無し | URL | 2015年09月08日(Tue)22:26 [EDIT]


せっかくコメントを頂いたのに返信が遅くなりました。
本当に申し訳ないですm(__)m

>tapaさん

私もあえてかなり穿った取り方をした感がありますが
基本的にはおっしゃるとおり若い頑張っている騎手に
チャンスがあるように、ということなんでしょうね。
藤田騎手なりの熱意は受け止めたいところだと思います。

そういいながら競馬界に未練がない、とか
言ってしまう辺りがこれから頑張ろうとする
後輩にとってどうかって話ですが(笑)

>キングギドラさん
騎手の一分は話題になりましたね~
私は評判を聞きかじっているだけで
不勉強ながらまだ読んでいないのですが
たしかに今回と内容的に被るような本だったと
聞いています。

出版のあとしばらく引っ張りましたが
結局、あれがそもそもの引退の弁だったのかなと。

よかったら本の感想なども教えて頂けると嬉しいです。

>名無しさん
おっしゃるとおり、日本の競馬には日本の競馬なりの
良い点が一杯あると思います。

そちらを発展させていくのも大事だと思いますが
要はどこを向いて行こうとしているのか、でしょうね。

凱旋門賞を勝つ=海外の市場に参入していく

といったことを視野に入れるとなると
外人騎手の通年騎乗や、勝てる騎手の育成、
海外のルールに準じたルール作り、みたいな方向に
なるのではないかと。

なんにしろ、ファンあっての競馬。
みんなが観ていて楽しいと思えるものであって
貰いたいものですね。

けん♂ | URL | 2015年09月11日(Fri)14:22 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。