けいけん豊富な毎日

キーンランドC(各馬分析3)   担【けん♂】

キーンランドC(札幌1200m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

ペイシャオブロー】牡3 53.0 (美浦) ルールオブロー×(ダンスインザダーク)
2歳時点で札幌で2勝、福島2歳Sで3勝目を達成しましたが
その後に4連続二桁着順と大低迷。札幌に戻した前走では5着と
上昇が見えただけに、コース的には合う印象です。
かといって、重賞でどうこう出来ることを期待するほどの内容は
示しておらず、変わり身は微妙。

マジンプロスパー】牡8 56.0 (栗東) アドマイヤコジーン×(バブルガムフェロー)
高松宮記念18着から臨んだ昨年のキーンランドCで3着と激走。
さすがに上位レースでは厳しくなってきていますが、相手関係次第では
まだまだ侮れないことを示しました。
今年は函館SSで復帰したものの、▲18kgと大幅に馬体を落として6着、
元々太目だったのでそこまでの不安はなさそうですが
年齢的な面もあるので状態には要注意。

レッドオーヴァル】牝5 54.0 (栗東) ディープインパクト×(Smart Strike)
昨年のキーンランドCでは後方から差し込んで2着。
続くスプリンターズSでも3着と健闘しており、状態さえまともなら
短距離路線のトップを争える力はあることを示しました。
その後、立て直しに時間が掛かったものの、前走のUHB賞で最速の
上がりで3着に飛び込み、状態は良化傾向。
脚質的な不安定さはあるものの、能力で今年もどこまで食い込めるか。

レンイングランド】牡3 53.0 (栗東) クロフネ×(サクラバクシンオー)
クリスマスローズSを逃げ切って3勝目を達成しましたが
距離延長で臨んだマイル路線では大低迷。
再び短距離に戻した函館SSで3着に飛び込む好走を見せましたが
アイビスSDでは少し重かったこともあってか8着と
結果を出せませんでした。
洋芝への適性は血統面からも問題ないと思われますが
このところ後方からになりがちなのは気になるところ。
通常通り前々で競馬が出来ればチャンスはあるかも。

ローブティサージュ】牝5 55.0 (栗東) ウォーエンブレム×(Singspiel)
初の短距離挑戦となった函館SSで2着に飛び込み、続くキーンランドCで
復活勝利。その後ゲート問題などのトラブルもあって順調さを欠いて
しまっていますが、洋芝適性の高さと、能力の高さは侮れないところ。
気性的な問題が出やすい血統だけに復活があるかはかなり微妙かもしれませんが
得意の舞台でなんとか・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック