けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーンランドC(各馬分析1)    担【けん♂】

キーンランドC(札幌1200m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

ウキヨノカゼ】牝5 54.0 (美浦) オンファイア×(フサイチコンコルド)
マイル戦でデビューし、年明けにクイーンCを勝ったものの、そこから
長期休養を挟み、なかなか立ち直れませんでしたが、距離短縮で臨んだ前走の
函館1200mを後方から差し切って復活勝利。適性的にも短い方が
合いそうですが、脚質を考えると札幌はかなり不安がありそうです。

エポワス】せ7 56.0 (美浦) ファルブラヴ×(サンデーサイレンス)
長期休養を挟んでいるので7歳馬ながらまだ19走と馬体は若い感じ。
洋芝に強い血統だけあって北海道では(2-3-1-1)と好走が多く
前走でもハイペースとなった札幌1200mを好位から踏ん張って勝利。
増えていた馬体を絞って仕上がっていた印象なので、状態の維持が
ポイントになりそうです。

オメガヴェンデッタ】せ4 56.0 (栗東) ゼンノロブロイ×(ホワイトマズル)
ダートを中心に使われていましたが、年明けからは芝に専念。
今春の京王杯SCで逃げて3着に粘り込み、前走では重馬場の函館で
好位から踏ん張って5勝目を達成。展開次第で前につけられるのは
プラス材料ですが、上位馬相手にどこまで出来るか試金石になりそうです。

クールホタルビ】牝3 51.0 (栗東) マツリダゴッホ×(ヘクタープロテクター)
ファンタジーCで穴を空けて以来、6戦して5戦が二桁着順と低迷。
今夏も北海道で7着、11着と振るわず、斤量に恵まれながらも
出口が見えない印象です。前につけて行けていらず、末脚がイマイチ。
まずは以前の脚質に戻すことから・・・

サクラアドニス】牡7 56.0 (栗東) サクラプレジデント×(ウォーニング)
12年~13年にかけて安定した好走を見せましたが、その後低迷。
昨夏に新潟で1勝したものの、あとは掲示板もなく、二桁着順が
大半を占める結果に終わってしまっています。
13年の函館SSでは14着に敗れており、洋芝適性も微妙。
ここで一変を期待するのは厳しそうかと。

サトノタイガー】牡7 56.0(招待)キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)

芝のマイル~中距離で好走してきた馬ですが、近年は地方のダートで
短い距離を使われています。芝適性には問題のないことは示していますが
短距離でペースについていけるかはかなり微妙。
昨年末にはダートの重賞で2着があるように衰えはなさそうですが
現状では芝に戻して一変を期待するほどの成績では・・・

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。