けいけん豊富な毎日

キーンランドC(展開分析)    担【けん♂】

さて、今週はキーンランドC(札幌1200m)と新潟2歳S(新潟1600m)が
行われます。

新潟2歳Sはまだ経験が浅い2歳馬同士のレースなので、
本当の力関係もわかりませんし、状態に関しても成長分なんかも
あったりするので、正直・・・わかりません(笑)

近年は各馬について見るのを諦めて(恥)大雑把な傾向と対策から
馬券戦略なんかを考えたりしているわけですが、今のところ
上手くいっているとは言い難く、今年も頭を悩ませることに
なりそうです。

ひとまず、時間が取れ次第、今年も大枠からボワッとまとめる
BOX買い戦略を考えてみる予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
キーンランドコース
※札幌1200mのコース図及び、キーンランドC(01年~:13年を除く)の平均ラップ

キーンランドCが行われる札幌1200mの構造はスタートから真っ直ぐで
平坦な直線が続き、先行馬が消耗する坂もなく、カーブも平坦で
過大な遠心力の影響も少ないので脚が止まることなく直線に突入。
直線は266mと非常に短く、後方から加速して差しきるのは至難の業、
という構造。

ココであげたデータどおり、札幌1200mはかなり先行有利のレース。
4コーナーで6番手以内の馬で約90%の勝率となっています。

後方からの追い込み馬はよほど馬場状態に問題があるとか
極端な展開にならない限り出番はないと考えられます。

強力な先行脚質の馬がいれば、そのまま押し切ってしまう公算大、
という感じでしょうか。

【4コーナー位置取りと上位馬の関係】
    1着→2着→3着
14年  6  9  2(番手)
12年  1  3  2
11年  2  3  1
10年  2  4  7
09年  2 10  4
08年  4  1  9
07年  2  7 10
06年  8  2 12
05年  1  2  7
04年  2  5  2
03年  2  2  1
02年  1  5  2
01年  1  6  3

先行  10  6  7
好位   2  4  1
中段   1  2  3
後方   0  1  2

01年からのキーンランドCは全て前傾ラップ。
とはいえ、11年ほどの極端な前傾ラップは珍しく、前後半のペースが
あまり変わらない平坦気味なラップ(01年、02年、08年)と
前半に偏ったラップの2パターンに分類されます。

いずれにしろ、1、2着まではとにかく前優勢。
昨年は前に行った馬の能力に疑いがあり、中段からローブティサージュが
差し込んで2着に入りましたが、これはかなり例外的な扱いで良さそうです。
3連系の場合は3着に差し馬を絡める、というのが傾向に沿った
買い方になりそうです(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック