けいけん豊富な毎日

札幌記念(各馬分析1)   担【けん♂】

札幌記念(札幌2000m)出走予定馬について見ていきたいと思います。
登録の時点で15頭・・・うーん、微妙。

サイモントルナーレ】牡9 57.0 (美浦) ゴールドアリュール×(アフリート)
13年に重馬場のOP(函館2600m)を勝っていますが、基本的には
ダートで活躍してきた馬であり、近年の重賞路線での成績は掲示板もない状態。
9歳と長く活躍してきていますが、ここでの変わり身を期待するのは酷。

サクラアルディート】牡7 57.0 (栗東) ディープインパクト×(マルゼンスキー)
重賞路線では結果が出せず、この春に障害に挑戦しましたが10着に敗れ
平地に戻っていきなりOPを勝利。このところ道中で位置取りが悪くなる傾向が
出ていましたが、好位をキープ出来れば力は出せることを示した印象です。
とはいえ、実績的にも年齢的にもここで急に・・・というのは厳しそう。
余程展開に恵まれないと・・・。

ステラウインド】牡6 57.0 (美浦) ゼンノロブロイ×(スピニングワールド)
昨年の函館記念で3着に入っており、洋芝適性には問題なし。
この春は苦戦が続いていましたが、前走の七夕賞で2着に入り復調傾向。
馬体重を戻した点でも状態に問題はなさそうです。
ある程度位置を取れる馬ですが、このところは控え気味。
詰めの甘さが出てしまうと厳しいので、前につけられるかが
ポイントになるかも。

スワンボート】 牡5 57.0 (美浦) キングヘイロー×(ティッカネン)
ダートを中心に使われてきており、芝では11走して未勝利。
連に絡んだのもデビュー当時だけで、前走も10着と大敗。
位置取りも後方からでコース適性にも期待しにくく
ここで変わり身を期待するのは酷かと。

ダービーフィズ】牡5 57.0 (美浦) ジャングルポケット×(サンデーサイレンス)
クラシック路線では結果が出せず、14年の年明けからの重賞路線で敗れて、
長く下積みをしていましたが、今年に入って調子を上げ、前走の函館記念で
念願の重賞勝利を達成しました。例年よりハイペースになり、後方で実績馬が
牽制し合ったことが大きかった感じで、さらに馬体重を落としたので
状態が維持出来ているかが大きなポイントになりそうです。

ディサイファ】牡6 57.0 (美浦) ディープインパクト×(Dubai Millennium)
この春の中日新聞杯で重賞2勝目を挙げ、前走のエプソムCでも3着と健闘。
落としていた馬体を戻せており、状態は良化傾向になりそうです。
函館で好走をしているので洋芝は問題ないと思われますが、
当時は前目につけていたところから近走は控える形になり気味なので
コース適性に関しては微妙。機動力を活かせる馬ではないので
騎手次第になるかも。

トウケイヘイロー】牡6 57.0 (栗東) ゴールドヘイロー×(ミルジヨージ)
13年には函館記念、札幌記念(函館開催)を連勝。
昨年の札幌記念は海外遠征から帰国初戦となり、11着に沈んでしまい
休養を挟んで復帰したこの春も前で踏ん張り切れず、鳴尾記念10着、
七夕賞7着に敗れています。復調すれば勝ち負けになる力はあるので
侮れませんが、現状では急な良化があるか微妙。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック