けいけん豊富な毎日

日経賞回顧(新鋭爆発!)  担【けん♂】

日経賞(中山2500m:GⅡ)が終わりました。
心配された雨はレース直前になってとうとうパラパラと降り始めてしまいましたが
馬場状態に影響はほとんどなかったと思われます。
有力馬が集まり大激戦が予想されたレース、果たして天皇賞に弾みをつけたのは・・?

予想は→ココ

結果は・・・
1着 ネヴァプション    2.31.8  上がり35.6
2着◎トウショウナイト    1/2馬身
3着○マツリダゴッホ
4着×アドマイヤタイトル

9着×フサイチパンドラ
10▲エリモエクスパイア
11△トウカイワイルド

※全着順は→ココ

スッと前につけてレースを引っ張ったのはなんとインテレット
後方からの追い込みに定評のある馬がなんと今回は先頭に立つ競馬を
してきました\(◎o◎)/!
たしかにキレはあるものの届かずの競馬が続いているので
こういう作戦もありと言えばありですが・・・

06.9-11.5-12.1-11.8-12.3-12.7-12.8-11.9-11.6-12.1-12.1-11.5-12.5
80.1⇔71.7

予想以上に速いペース。13秒台に一度も落とすことなく引っ張っています。
過去6年と比較しても2番目に速いペースですね。
続いたのはフサイチパンドラ、ブラックタイド、それほど離されずに
内にマツリダゴッホ、そしてエリモエクスパイアが好位につけました。

先行すると考えられたトウショウナイトは中段後9番手辺り、
その後にネヴァプション、アドマイヤタイトル・・・こちらもちょっと
下げてしまいました。
大先生を鞍上に迎えたトウカイワイルドはなんと最後方(涙)
キレがある馬ではないのでこの位置取りはまずいですね(-_-;)

後半もペースが落ちずかなり厳しいラップが続きます。
内から外に出したマツリダゴッホがコーナーを曲がって早めに抜け出し、
グイグイと脚を伸ばして2馬身ほど差をつけてAJCCの再現を狙いますが
初の距離にちょっと苦しそう・・・
そこに迫ってきたのはネヴァプション、トウショウナイト
2頭が並ぶようにして迫って迫って・・・かわし切ってゴールイン!

ネヴァプションはこれで3連勝!
昨秋から一気に本格化してとうとう重賞制覇を成し遂げました(^^)v

昨年のセントライト記念で接触転倒したこのネヴァプションとマツリダゴッホ
競走馬としての命も失われかねない事故でしたが、この事故を契機に
2頭ともが本格化、こうして重賞で競い合っているのは不思議な縁だなぁと
感じますね。本当に無事で良かったです。

4歳の新鋭と重賞戦線で戦ってきた6歳馬・・・
新旧の激突はひとまず4歳馬に軍配が上がりましたが上位3頭は
本当に紙一重の差だと思います。
今後も楽しみな対決が続いていきそうでワクワクしますね(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

マツリダゴッホは仕掛けが早かったですね。
AJCCのときの脚が使えれば押し切れたんでしょうけど、
伸びがいまひとつでした。

ニュービギは出遅れが響いて3着だったので賞金加算はできませんでしたが、
なんとか18番目の枠で皐月賞には出られるみたいです(笑)

さとし | URL | 2007年03月24日(Sat)17:09 [EDIT]


>さとしさん
マツリダゴッホの勝ちパターンかと思ったんですけどね~
やはり距離に不安があるのは間違いないでしょう。
天皇賞春に出ても・・微妙かも。
それにしても現4歳馬は強いですね♪

ニュービギニングが出ても・・・(^^;
皐月賞当日が大雨じゃない限り厳しいんじゃないかと。
しかし33.9の脚には驚きました。
条件がハマれば怖い馬ですね♪

けん♂ | URL | 2007年03月24日(Sat)17:38 [EDIT]


 

トラックバック