けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関屋記念(過去の勝ち馬の馬体)  担【けん♂】

関屋記念(新潟1600m)の過去の勝ち馬の馬体写真を並べてみました。

【クラレント】
(14関屋記念)
クラレント14関屋記念

【レッドスパーダ】
(13関屋記念)
レッドスパーダ13関屋記念

【ドナウブルー】
(12関屋記念)
ドナウブルー12関屋記念

【レインボーペガサス】
(11関屋記念)
レインボーペガサス11関屋記念

【レッツゴーキリシマ】
(10関屋記念)
レッツゴーキリシマ10関屋記念

【スマイルジャック】
(09関屋記念)
スマイルジャック09関屋記念

【マルカシェンク】
(08関屋記念)
マルカシェンク08関屋記念

【カンパニー】
(07関屋記念)
カンパニー07関屋記念

【カンファーベスト】
(06京成杯AH)
カンファーベスト06京成杯AH

【サイドワインダー】
(05関屋記念)
サイドワインダー05関屋記念

【ブルーイレブン】
(04関屋記念)
ブルーイレブン04関屋記念

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

血統も違うのに、明らかに立ち姿のシルエットが
似てくるのは不思議ですね(^^)

クビが低く、厚みのある上半身がしっかりと
支えています。
腹回りは細目感なく絞り込まれており、
マイル戦ながら寸が詰まった感じがなく伸びやかに
下半身に繋がっている印象。

後肢は後方に流れることなく引きつけられており、
真っ直ぐ立てているのも共通点。
丸みを帯びた雄大な下半身、腿も引き上げられており、
速い上がりの勝負への対応力を示しています。

後半は持続力を問われる形になりやすいレースですが
瞬発力向きの作りになっているのは興味深いですね。

牝馬、高齢馬の写真も混ざっていますが、そうは感じさせない
充実した状態になっており、出来に関してはかなり重要視してよい
ポイントだと考えて良さそうです。

06年のカンファーベストを除けば勝ち馬の写真が全て載っていた点からも
実力、実績馬優勢、という傾向が見受けられます。
・・・あってもヒモ荒れまで?

おおよそのイメージを頭に置いて今年の出走予定馬について
見ていきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。