けいけん豊富な毎日

アイビスSD回顧   担【けん♂】

夏競馬の風物詩、アイビスSDが終わりました。

高齢の実績馬か、実績はなくとも若さでなんとかしてしまうのか・・・
過去の傾向から絞り込んでみたものの、どの馬も信用するには
足りず、怪しい印になってしまったわけですが・・・

予想は→ココ

結果は・・・

アイビス結果

※その他のデータについては→ココ

積極的にハナに立って行ったのはヘニーハウンドとエーシントップ
というストームキャット系統の2頭。
ヘニーハウンドは韋駄天Sでは後方から最速の上がりを使って届かず、
という内容でしたが、今回は前からどこまで・・・という戦法を
試した感じです。
エーシントップはスローで先行してこそ、というタイプだけに
ここで思い切って行くのは微妙かも。

ベルカント、レンイングランド、サカジロロイヤルが続き、
シンボリディスコ、フレイムヘイローの後ろにリトルゲルダ。

少し控えてアースソニック、セイコーライコウ、サフィロス、
遅れてオースミイージー、後方にマコトナワラタナ、
最後方にアンネゲーム。

馬場中央付近で激しく競り合う馬群を尻目に
外ラチ沿いを悠々と伸びて行ったベルカントは気が付けば
完全に後続を突き放して独走態勢。

カノヤザクラ以来のサクラバクシンオー産駒の牝馬として
アイビスSD制覇を成し遂げました。

レース後のコメント
1着 ベルカント(M.デムーロ騎手)
「とても嬉しいです。初めての(新潟の)ストレートの1000mでしたが、
大好きです。日本ではこの鞍は少ないので、楽しみでした。
調教師も武豊騎手も『いつもいいスタートで、自分のペースだったら楽だ』
と言っていました。いいスタートで、いいポジションにつけられました。
いつも勝ちたいので、今後もがんばります」

(角田晃一調教師)
「取消などいろいろありましたが、勝ててホッとしています。
抜け出して、後ろから来られましたが、抜かされる感じはありませんでした。
この距離で、これだけ差をつけられるとはびっくりです。
2~3歳時に活躍した頃に戻ったのではないでしょうか。
今後は北九州記念でサマースプリントチャンピオンを狙いたいです」

2着 シンボリディスコ(田中勝春騎手)
「力をつけていて、楽についていきました。暑い時期は走るのかもしれません」

3着 アースソニック(丸田恭介騎手)
「ブレーキを踏むところなく、スムーズに走ってくれました。よく伸びています」

4着 セイコーライコウ(柴田善臣騎手)
「雰囲気はいつもと変わりませんでしたが、追走に精一杯でした」

5着 リトルゲルダ(柴田大知騎手)
「ゲートで他馬に反応して出負けしました。さらに両側から
挟まれてしまいました。斤量が昨年より2キロ増えていたのもこたえました。
よくがんばってはいるのですが......」

9着 フレイムヘイロー(西田雄一郎騎手)
「一生懸命走っています。カベを作れなくて脚をためられませんでした。
仕切り直して、またがんばります」

11着 オースミイージー(秋山真一郎騎手)
「1000mは初めてだったので、追走が大変でした。
1200mぐらいがいいのかもしれません」

12着 サカジロロイヤル(国分優作騎手)
「具合は前走よりいい感じでした。踏ん張れると思ったのですが、
早めに追い出す形になり、最後は手応えがなくなりました」

14着 エーシントップ(川須栄彦騎手)
「スッといけるスピードはありますが、コースへの適性がありませんでした。
ほとんど脚をためられませんでした」

これまでの申し送りと照らし合わせてみると・・・

1)牝馬が絡みやすい
  →1着のベルカントは牝馬

2)決着タイムは53~54秒台前半
  →54.1

3)若い馬に好走が多い(上限6歳:例外あり)
  →4歳、5歳、6歳で決着

4)基本的に軽斤量の馬が優位(大型馬優位)
  →480kg以上の馬で1~3着。11%前半で1、3着

5)先行馬優位(400m通過は22秒台が基準)
  →前につけた馬でワンツー、差し馬も22.6で通過

6)騎手データ重視
  →今回はチェック出来ず。デムーロ騎手の勝利は要チェック

7)内か外に寄った枠が優勢(特に外枠優勢)
  →8枠、6枠、7枠で決着

8)血統の偏りに注目
  →父、母が同系でノーザンダンサー系以外では
   ベルカントが初めての勝利。
   2着のシンボリディスコはSS系で2頭目の好走

9)末脚の爆発力のあるレース巧者に注意(リピーターが多い)
  →3着のアースソニックはリピーターの差し馬

10)格はあまり関係ない
  →ベルカントは古馬重賞抗争なし。2着のシンボリディスコは
   実績的にはまったく不足

11)休養明けは大きく割り引き
  →休養明けのサフィロスは6着まで

枠順、年齢、を重視して絞ってしまえば・・・結構簡単に
絞れた感じがありますが、あくまで結果論(爆)

今回は特にSS系のシンボリディスコの好走に驚かされました。
SS系の分岐が進み、こういったレースへの適性のある
産駒が出てくる可能性はあるわけで、変に先入観をもつのは
よくなかったですね。
福島で速い時計をもっていただけに、血統で切ったのは
本当に愚策でした(T_T)

時間不足で騎手データまで整理が出来なかったのも大きな反省材料。

打ち上げ花火は・・・また来年に・・・(猛省)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック