けいけん豊富な毎日

中京記念(各馬分析3)   担【けん♂】

中京記念(中京1600m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

トーセンレーヴ】牡7 57.0 (栗東) ディープインパクト×(Caerleon)
超良血馬として期待され、12年にはエプソムCを制していますが
その後はなかなかスムーズにいかず、筋肉痛、心房細動といった
トラブルもあって順調に使えず、結果もイマイチ。
年明けに自己最大体重で久々にOP3着と頑張りましたが
今回はまた5ヵ月ぶり。休養明けでも走る馬ではありますが
馬体重の変動も大きくなってきているので、馬体の出来には要注目。
力を出せればコース適性には問題なさそうです。

ネオウィズダム】牡5 54.0 (栗東) ネオユニヴァース×(Grape Tree Road)
デビュー前から期待されていた馬ですが、2、3歳時を含めて重賞では
5走して全て二桁着順とわかりやすく頭打ち。
先行力を活かす脚質でこの春に1600万下を突破しましたが
上位馬との力関係を考えると・・・かなり微妙。
中京では1勝しており、適性には問題なさそうですなので
あとは展開。

ミッキードリーム】牡8 56.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
中京記念では4着→2着→2着と好走を続けていますが
それ以外は厳しい成績続き。これまでは直前のレースである程度の結果は
出していましたが、今年は連続二桁着順となっているだけに
いくら適性上位とはいえ、8歳にして急な巻き返しを期待するのは酷かと。

メイケイペガスター】牡5 56.0 (栗東) フジキセキ×(ブライアンズタイム)
13年の共同通信杯を好タイムで押し切って勝って期待されましたが
気性的に難しい面もあるようで、その後はポツポツと好走があるものの、
芝では勝ち切れず、この春にダートに転向して1勝しています。
このところは好位からのスタイルで定着してきていますが
やはりムラ駆けする感じ。ハマれば重賞クラスの馬とも
好勝負出来る力があるので、血統面も含めて穴候補まで・・・。

レッドアリオン】牡5 57.5 (栗東) アグネスタキオン×(ダンシングブレーヴ)
スローに落ち着いた読売MCを制覇。速い上がりが出せる軽い馬場が
得意条件なので、使ってきている中京コースへの適性に関しては
不安があるかもしれません。今回のメンバーの中では直近の成績、
実績を兼ね合わせると最上位になりますが、内容的にはそこまで
高い評価のレースを見せていないだけに過信は禁物。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック