けいけん豊富な毎日

函館記念(斤量負担分析)   担【けん♂】

台風通過により、関西はまだ雨が降っています。
午後には止んでくる見込みですが・・・函館はどうなんでしょうね?
北海道とこちらでは気候も天気も違い過ぎて、思わぬ馬場状態の違いが
出てしまうこともあるので要注意。

函館記念(函館2000m)について見ておきたいと思います。

実質斤量負担
函館記念斤量負担

馬体重の面では広い範囲から好走馬が出ているレースなので絞れませんが、
実質斤量負担では12.5%以上がレッドゾーン。
ひとまず今回はいない見込みですが、ラブイズブーシェやハギノハイブリッドは
マイナス体重だと危険水域に入ってしまう可能性があるので
当日の馬体重の変動には要注目。

12.0~12.5%のゾーンで勝った馬も限られており、
割引が必要になりそうです。
ラブイズブーシェは例外的に昨年好走を見せましたが、近走の内容をみると
厳しい条件をひっくり返しての巻き返しがあるかは微妙かも。

軽斤量過ぎる馬(53kg以下)の馬は実績不足で大幅割引き。
ヤマカツエースは3歳馬なので判断が難しいですが、
そもそも3歳勢自体の好走が見当たらないレースなので
狙うのは厳しそう。サイモントルナーレはさすがに・・・

逆にトップハンデの馬も過去のデータ的には厳しい状況。
トウケイヘイロー、ダークシャドウが結果を出しているので
そこまで割り引く必要はありませんが、エアソミュールに関しても
過信は禁物、としておきたいと思います。

斤量面では前走で勝っているのに斤量据え置きのマイネルミラノ、
好走しているところから斤量が減るレッドレイヴン、リベルタスが
推せる馬となります。
巴賞組は斤量の変動で着順が入れ替わるのかどうかにも注目したいですね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック