けいけん豊富な毎日

七夕賞(斤量負担分析)   担【けん♂】

七夕賞(福島2000m)について見ておきたいと思います。

【実質斤量負担】
七夕斤量負担


まずは単純に馬体重の面からでは・・・520kgを超えるような大型馬は
少し割り引きが必要。
好走の可能性は十分にあるものの、3連系のヒモ候補にとどめておいた方が
良さそうです。

・ユールシンギング
・アルフレード

に関してはちょっと割引き。

逆に460kgを切るような小柄なタイプは・・・大幅割引き。
すでに小柄な体で結果を出しているメイショウナルトは一応、及第点だとしても
レコンダイト、マイネルディーンに関しては過剰評価は危険かもしれません。

七夕賞はハンデ戦なので実質斤量負担で見た方が良いと思われます。

・実績馬については12.5%が好走の上限
・実績不足の馬については12.0%が好走の上限

というのがおおよその目安だと考えられますが、今回は・・・
実績馬の中ではメイショウナルトが微妙にオーバー。
上がり馬の中ではレコンダイトもギリギリラインとなっています。

メイショウナルトの重賞初制覇(小倉記念)のときの斤量は53kg。
昨年の七夕賞では56kgで勝利をおさめていましたが
57kg以上だと500万下での1勝があるだけで、あとは重賞では3着止まり、
となっています。
斤量に対する耐性は高い方だとは思いますが、簡単に復活とはいかないかも
しれません。

レコンダイトは57kgで勝利、57.5kgで2着がありますので
55kgなら問題ない、と思われますが、重賞で、ということになると
微妙に堪えてくる可能性はあるので過信は禁物。


あと・・・七夕賞はどちらかというと、酷斤量を背負った上位実績馬が
好走しやすく、ハンデを活かして激走する実績不足馬というのは
出にくくなっています。

斤量の目安として52kgは・・・大幅に割引き。
53kgでも不安が大きい、と見ておいた方が良さそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック