けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕賞(過去の勝ち馬の馬体)  担【けん♂】

過去の七夕賞(福島2000m)の勝ち馬の馬体写真を並べてみました。

【メイショウナルト】
(14新潟記念
メイショウナルト14新潟記念

【マイネルラクリマ】
(13七夕賞)
マイネルラクリマ13七夕賞

【アスカクリチャン】
(12小倉記念
アスカクリチャン12小倉記念

【ドモナラズ】
(10小倉記念
ドモナラズ10小倉記念

【ミヤビランベリ】
(09七夕賞)
ミヤビランベリ09七夕賞

【ミヤビランベリ】
(08小倉記念
ミヤビランベリ08小倉記念

【サンバレンティン】
(07新潟記念
サンバレンティン07新潟記念

【メイショウカイドウ】
(06七夕賞)
メイショウカイドウ06七夕賞

【ダイワレイダース】
(05新潟記念
ダイワレイダース05新潟記念


※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

パッと見で気付かれた方も多いかと思いますが、
05年、07年、08年、10年、12年・・・そして14年と
競馬ブックPHOTOパドックに取り上げられなかった馬が勝っています(爆)

つまり・・・事前に有力視されていなかった馬が勝っているわけで
今回も写真がない馬に関しても要注意、ということですね。
通常はさすがに勝ち馬の写真はほとんど載っているんですが、
ここまで穴馬が勝っているレースは珍しいと思います(^^;

ほとんどが七夕賞前の写真ではないので(笑)出来や調子などは
どうだったのかわかりにくいわけですが、
七夕賞を勝ったものの、続く新潟記念では大敗してしまった
ダイワレイダースの馬体がしょぼんでいるのは
仕方のないところなのかもしれません。
他の馬は基本的にハリがある馬体をキープ。

基本的には胸前に深みがあり、心肺機能の高いタイプが有力視出来そう。
下半身への繋がりも特徴的で、前傾気味の馬体。
下半身は持続力寄りの構造で瞬発力勝負では分が悪い馬が
ここでは逆襲出来そうです。

さて、今年の競馬ブックPHOTOパドックには勝ち馬の写真が
載っているのでしょうか(笑)
それともあえて載っていない馬を狙うべきなのか・・・(^^;

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。