けいけん豊富な毎日

七夕賞(各馬分析2)   担【けん♂】

七夕賞(福島2000m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

トウケイヘイロー】牡6 58.0 (栗東) ゴールドヘイロー×(ミルジヨージ)
13年夏に重賞3連勝を果たし、頭角を現しましたが、14年は海外遠征のあと
札幌記念で11着に敗れ、屈腱炎を発症。休養を挟んで前走の鳴尾記念で
復帰したものの、逃げて10着と大敗してしまいました、
故障明けだけに、叩き2走目でどこまで上昇があるかは不明。
能力的には勝ち負けが期待出来る馬ながら、脚の状態次第。

トラストワン】牡7 54.0 (栗東) マイネルラヴ×(デヒア)
徐々に実績を積み重ねて昨夏に1600万下を突破。
その後の重賞路線では17着、7着、10着、5着とかなりの苦戦を
強いられており、特に直近の2走は前で踏ん張り切れていない点はマイナス材料。
年齢からすると変わり身への期待はしにくいかと。

フィロパトール】牝6 52.0(美浦) ジャングルポケット×( Wild Again)
福島では(3-1-2-4)と好走が多く、条件的には合うと思われますが
直近の福島牝馬S8着、福島記念4着と重賞では何枚か足りない
成績になっており、牡馬相手では余程展開がハマらないと厳しそうです。
前走で馬体は絞れたものの、好位から14着と大敗している点も
気になるところ。

フラアンジェリコ】牡7 54.0(美浦) ネオユニヴァース×(ジャッジアンジェルーチ)
ダートから芝に転向し、マイル路線を使われてきましたが、
距離を延長して昨秋に福島記念で2着と健闘。
血統的には小回り、内回りの中距離はピッタリ合うので
今回の条件への適性は高そうです。復帰戦で増やした馬体は
前走で絞れているので、あとは騎手が機動力を活かせるかどうか。

マイネルディーン】牡6 54.0 (美浦) ダンスインザダーク×(トニービン)
昨年末に1600万下を勝って重賞路線に参入しましたが
AJCC13着、京都記念8着、新潟大賞典6着と結果が出せていません。
馬格がないので54kgで出られるのはプラス材料になりそうですが
上位馬相手だと機動力を活かしてもキレ負けしてしまいそう。

メイショウナルト】せ7 57.0 (栗東) ハーツクライ×(カーネギー)
昨年は4連続二桁着順からいきなり巻き返して七夕賞で復活勝利。
夏場に好走が多いいわゆる「夏馬」ということで今回も侮れないかも
しれません。昨秋には福島記念3着もあり、コース適性は問題なし。
上手く先行出来ればチャンスはありそうです。

ユールシンギング】牡5 56.0 (美浦) シンボリクリスエス×(スペシャルウィーク)
昨春の新潟大賞典を勝ち、重賞路線に本格参入したものの
その後は掲示板もない成績続き。血統的には直線が長く、広いコースでこそ
というタイプなので福島コースへの適性は微妙。
余程前が崩れるような特殊な展開にならないと厳しそうです。

レコンダイト】牡5 55.0 (栗東) ハーツクライ×( Last Tycoon)
中段、好位辺りからの脚質で昨年の年明けに2勝目を挙げて以来、
(4-3-2-2)掲示板を外さない好走を続けています。
重賞初挑戦となった前走の目黒記念でも勝ち馬には離されたものの
2着と健闘しています。
戦ってきた相手関係を考えると過剰な評価は危険なニオイがしますが
ここでどこまで通用するかは今後の重賞路線でも大事な意味を
もってくると思われます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック