けいけん豊富な毎日

CBC賞(各馬分析2)   担【けん♂】

CBC賞(中京1200m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ドレッドノート】せ7 54.0 (栗東) メイショウオウドウ×(Starborough)
芝での勝利は新馬戦の1勝だけで、あとの4勝はダートでのもの。
芝でも速い流れに乗ることが出来るので対応力がないわけでは
なさそうですが、現状の成績で重賞でどうこう出来ると考えるのは酷。
年齢的にもここで急な上昇は・・・

ナリタスーパーワン】牡6 55.0 (栗東) ウォーエンブレム×(フレンチデピュティ)
ダートを中心に使われてきていましたが、年明けから芝に転向。
1200~1600mを使って適性を探っていた感じですが、
ひとまず結果自体は出ておらず、内容からするとマイル路線の方が
まだマシ・・・という印象。改めて1200mを使っても後方から
脚が伸ばせるかは疑問。

フレイムヘイロー】せ7 55.0 (美浦) キングヘイロー×(Forty Niner)
6勝を挙げていますが、2、3着が一度もないという極端な成績。
脚質が固定されていない、ということもある印象で結果を出しているのは
基本的に前につけて行けたとき。直線が長いコース自体は得意な
傾向が出ていますが、年齢的にも重賞で踏ん張り切れるほどの
能力は期待しにくいかと。

ベステゲシェンク】牡5 55.0 (美浦) ディープインパクト×(Souvenir Copy)
後方からの脚質で昨年末には同条件のクロフネCを勝っており
適性に関しては証明済。重賞でもシルクロードSでは4着に差し込み、
オーシャンSでもクビ差の3着と上位馬に通用する力を見せており
ここでも十分に期待出来そうです。

ベルカント】牝4 54.0 (栗東) サクラバクシンオー×(ボストンハーバー)
ファンタジーS、フィリーズレビューを制し、短距離路線で期待されましたが
CBC賞5着のあと、徐々に成績が悪化し、年明けのシルクロードSでは
前優勢の中で残れず12着と大敗。前走はダートを試して
13着と惨敗を喫してしまいました。
先行力を活かしたいタイプなのでそもそも中京コースへの適性は疑問。
好調期ならまだしも、現状の低迷から急な好走を期待するのは難しそうです。

ベルゲンクライ】牡5 55.0 (美浦) ハーツクライ×(Balleroy)
芝では未勝利戦を1勝したのみで結果が出せず、昨年末にダートに
転向してから3連勝。マーチS5着の後、OPで2着と適性を示しています。
調子は上向きとはいえ、これまで結果が出せていなかった芝に戻っても
変化があるかは疑問。ここ2戦で大きく馬体を落としており
状態面でも不安がありそうです。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック