けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念回顧   担【けん♂】

すっかり遅くなってしまいました(>_<)

宝塚記念について振り返っておきたいと思います。

想定通りゴールドシップが1.9倍と極端な1番人気に推されたわけですが
過去にも1倍台の1番人気で3回も裏切っている馬だけに(笑)
どこかしら危うさを漂わせているのも事実・・・。

今回は馬体の出来がそれほど良く見えなかったこともあって
予想としてはヒモまでに止め、あえて振り回し気味に狙ってみた
わけですが・・・

予想は→ココ

結果は・・・

1着 ラブリーデイ     2.14.4  上がり34.8
2着 デニムアンドルビー   クビ
3着 ショウナンパンドラ

8着〇ラキシス
11◎ワンアンドオンリー
15▲ゴールドシップ

※全着順は→ココ

わーお・・・

ゲートが開く寸前、ゴールドシップが思いっ切り立ち上がってしまい、
そのタイミングでスタートが切られてしまったため、これまで以上の
とんでもない出遅れ(>_<)

うわっと思いながらも内心では『やっぱり・・・』とある意味
納得してしまったのは私だけではないはず(爆)

内の馬が周りを伺っているところを外からレッドデイヴィスが
思い切って押して出て先手を奪って逃走。
松若騎手の積極性は評価したいですね。

2番手にラブリーデイ、続いてオーシャンブルー、トーセンスターダム。
中段前にネオブラックダイヤがつけ、ヌーヴォレコルト、ショウナンパンドラ、
ワンアンドオンリー、トーホウジャッカルが中段から。

控えてカレンミロティック、ディアデラマドレ、ラキシス。
後方にトウシンモンステラ、離れてアドマイヤスピカ、デニムアンドルビー、
遅れて・・・ゴールドシップ。

12.2-11.6-12.2-13.4-13.1-12.7-12.5-11.7-11.0-11.6-12.4
前半1000m 62.5
後半1000m 59.2

【ラップ比較】
宝塚記念ラップ比較

昨年も極端に前半に緩んだポイントを作っていましたが、
今年はさらにスローに落とし、中間もじっくり脚をため・・・
後半に入って超急流勝負に持ち込んでいます。

もしかしたら、松若騎手はAJCCのラップを参考にしていたのかもしれません。
後方に待機することになったゴールドシップからしたら、正に最悪の展開。
道中に捲り上げていきたくとも、こんな急流を作られてしまったら
さらに速い脚を使わないと前に行けない
わけで、本来の持ち味を
まったく活かせません。

最後まで行き切ってしまいたいレッドデイヴィスですが
残念ながら現状では力不足。

直線に入って外からかわしたラブリーデイが先頭に立ち、後続が波のように
押し寄せる中、外を通ったデニムアンドルビーが一気に馬群を抜き去って
詰め寄りましたが、クビ差でしのいでラブリーデイが宝塚記念を制覇!

3着には秋華賞と同様、内をすり抜けたショウナンパンドラが入線。

池添騎手も浜中騎手も馬の力を最大限に活かす騎乗を見せたと思いますし、
川田騎手も大外から一気に前に寄せてラブリーデイの脚質を活かした好騎乗、
好判断だったと思います(その意味ではラキシスが控えてしまったのは残念)


レース後のコメント
1着 ラブリーデイ(川田将雅騎手)
「力をつけてGIを勝ってくれて嬉しいです。いい位置につけて、あとはリズムよく
運ぶことができました。この馬にとっても終始いい流れでした。
道中は手応えよく、馬場もこなしてくれました。ですから、直線は安心して
追い出すことができました。以前に乗ったときよりも本当に力をつけています。
しっかり自分のレースをしてGIを勝ってくれたラブリーデイをこれからも
応援して下さい」

2着 デニムアンドルビー(浜中俊騎手)
「中途半端なレースはしたくなかったので、ためるだけためて後ろから行きました。
馬群が固まる展開で、この馬にはまった形になりました」

3着 ショウナンパンドラ(池添謙一騎手)
「レースの傾向を見て、内と外はほとんど変わらないし、この枠だったので
最短の距離でロスのないレースをしました。狭いところをいい脚で伸びましたし、
緩い馬場にも脚をとられずにうまく走っていました。欲をいえば、もう一列前で
レースをしたかったです」

4着 トーホウジャッカル(酒井学騎手)
「久々でしたからね。一回使っていれば、勝ち馬についていってレースができたと
思います。後ろにつけようとした馬が行ききらず、外を回る形になってしまいました。
その結果うまくカベが作れず、りきみながらのレースになりました。
でも、3~4コーナーでひと息入って、直線に向くとしっかり反応してくれました。
強い馬です。今後が楽しみです」

5着 ヌーヴォレコルト(岩田康誠騎手)
「ノメらずによく走っていたと思います。しいていえば道中もう一列前で
レースがしたかったです」

6着 ディアデラマドレ(藤岡康太騎手)
「今回はメンコを外して、リズムを崩さず、いいポジションをとることができました。
道中は我慢して、手応えよく運べましたが、直線進路ができたところが狭く、
少し躊躇してしまいました。そこでスムーズに加速できればよかったのですが......」

7着 レッドデイヴィス(松若風馬騎手)
「逃げることは考えていましたが、馬自身逃げるのが初めてなので、思ったほど
進んでいきませんでした。もう少しペースを上げていきたかったです」

12着 トーセンスターダム(武豊騎手)
「やりたいレースはできましたが、ゴーサインを出してからは反応がなかったです」

15着 ゴールドシップ(横山典弘騎手)
「返し馬はいつも通りで、ゲートに入ってからもおとなしくしていました。
スタートまであと少しというところでうなり出して、あのような形になりました。
何があったのか、彼に聞かないとわかりません。こういったことも含めて
ゴールドシップなんですね」

(須貝尚介調教師)
「練習でもあんなに立ち上がったことがないんですが......。
本番と練習は違うということです。ファンには申し訳ないです。
今後のことは馬の様子を見て決めたいと思います」

ゴールドシップの敗因は出遅れ・・・であるとは思いますが、
それに加えてスローからの急流勝負に巻き込まれてしまったのが
最大のポイントだと思われます。

スタートが良くない馬だけに、このパターンにハマってしまうと
どないもなりません(>_<)
あえて言えば・・・前半に一気に前に寄せてしまうという方法も
あったのかもしれませんが、長丁場のレースだけに消耗してしまうのは
やはり怖いわけで、横山典騎手としても仕方のない判断だったと思います。
うーん、本当に買いどころが難しい馬ですね・・・。

キングカメハメハ産駒はこれまでにも宝塚記念である程度
好走してきていたわけで、ラブリーデイの激走は血統的にも裏付けがあった
気がします。

うーん、馬体の出来を中心にもっと思い切った印をつけても
良かったかも・・・。
まぁ・・・レッドデイヴィスの逃げは想定外だったので
展開予想も難しかったわけで、やはり競馬は難しい、と再確認。

春競馬を締めくくることは出来ませんでしたが、この分は夏競馬で
頑張っていきたいものです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ラブリーデイ上半期重賞4勝目ながら6番人気だったんですね。やや地味キャラで人気の盲点でしたかね。母父ダンスインザダークは初G1勝ちもめでたい。下半期も競馬楽しんでいきましょう

しゃるちん | URL | 2015年06月29日(Mon)04:17 [EDIT]


デニムアンドルビーが後ろから飛んできたのに驚いた(笑)

らむー | URL | 2015年06月29日(Mon)09:57 [EDIT]


ワンアンドオンリー

けんさん、こんばんは。

ワンアンドオンリーにはがっかりでした。
ミルコ・デムーロ騎手は「スペースがなかった。遅いペースだったし流れてくれた方がよかった」と言っていたようですが、私の眼にはドン詰まりで失速って感じには見えませんでした(確かに出すところなかったけど)。
なんか馬に覇気が感じられませんでした。
見ていて「駄目だこりゃ」って感じで。
VTR見るまでもないなって感じで見てません(本当は見るべきですが)。

ハーツクライ産駒の覚醒!なんて待てません。
覚醒せずに終わる可能性大ですから(苦笑)。
多分もう二度とワンアンドオンリーの馬券は買いません。
(あくまでも個人的な思いです、ファンの方すみません)キズナ同様の弱いダービー馬と決めました。

すなやん | URL | 2015年06月29日(Mon)23:00 [EDIT]


素晴らしかった2頭

けんさん、連投すみません。

ワンアンドオンリーは信用せずにミルコ・デムーロ騎手に期待し過ぎでした。

優勝したラブリーデイはG1級と思っていませんでした(好きな馬です)。
池江師がよくパンパンの良馬場でやらせたい、みたいな事言っていましたが、前走の鳴尾記念、今回の宝塚記念はパンパンの良馬場じゃなかったですよね?
馬場うんぬんじゃなくて、完全に今が絶頂期なんでしょうね。
おめでとう、と言いたいです(川田騎手にも)。

いつも頑張るデニムアンドルビーもよく追い込んできました。惜しかった(惜しいレースが多い気がする)。

えー!?ってレースでしたけど、良いレースでしたね。

すなやん | URL | 2015年06月29日(Mon)23:43 [EDIT]


>しゃるちんさん
今回は状態が良く見えただけに当初は上位3頭指名の
内の1頭だったんですが、大外が・・・
川田騎手の手腕をたたえたいですね。

秋の活躍にも期待しています♪

けん♂ | URL | 2015年06月30日(Tue)15:15 [EDIT]


>らむーさん
デニムアンドルビーの伸び脚をみて
ショウナンマイティ&浜中騎手のコンビを
思い出しました。
やはり競馬は馬と騎手が力を合わせないと
ですね~

けん♂ | URL | 2015年06月30日(Tue)15:16 [EDIT]


>すなやんさん
カレンミロティックが行かなかった(行けなかった?)
時点で目標を見失ってしまったのかもしれません。
まさか外から被せられるとは思わなかったでしょうし。

それにしてもコーナーリングが下手な馬だけに
控えたら結果が見えているので、デムーロ騎手
らしくない気はしましたね。
通年騎乗になって集中力が欠けているなら・・・
うーん、今後も心配です。

けん♂ | URL | 2015年06月30日(Tue)15:18 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宝塚記念2015 さらっと回顧

にほんブログ村トラコミュ 宝塚記念(2015) 宝塚記念2015 宝塚記念 データ分析 ゴールドシップの宝塚記念3連覇はならず・・しかも今回は想定を大きく超えるほどの出遅れしかも前半で13 ...
[続きを読む]

稀に的中?3代血統で重賞予想 | 2015年06月29日(Mon) 04:01


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。