けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エプソムC(各馬分析3)  担【けん♂】

エプソムC(東京1800m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

フェスティヴタロー】牡6 56.0 (美浦) ローエングリン×(マジックマイルズ)
自分でペースを作って行けばしぶとさを発揮するタイプで
前走では減っていた馬体を戻して、積極的に仕掛けて2着に粘り込み。
今回は同型の馬がいるので先手を取れるかどうかは大きな
分かれ目になりそうです。どちらかと言えば前半をスローでまとめて
後半に緩めないタイプ。上手くペースを作れたら前優勢の展開になるかも。

フルアクセル】牡7 56.0 (美浦) アグネスタキオン×(Acatenango)
休養を長く挟んでいるので7歳馬ながらまだ22戦と馬体自体はまだ若い感じ。
前々走では控えてキレ味を発揮してダノンジェラートに勝っていますが
そこから1年の休養・・・。復帰戦でも33.0と脚は使えていましたが
極端な上がり勝負になったため、まったく及ばず14着と大敗してしまいました。
安定して好走していた馬ではないだけに、ここで良化があったとしても
重賞では厳しいと考えられます。

フルーキー】牡5 56.0 (栗東) Redoute’s Choice×(Sunday Silence)
これまでの成績は(5-2-2-4)、菊花賞の6着以外は掲示板を外さない
安定した走りを見せています。東京新聞杯でクビクビ差だったヴァンセンヌが
安田記念で2着と健闘しただけに、力関係的にも面白い1頭になりそう。
安田記念をあえて見送ってこちらに出走となりましたが、たしかに
1800mでは2勝2着1回と安定しており、狙いが吉と出れば・・・

ペルーサ】牡8 56.0 (美浦) ゼンノロブロイ×(Candy Stripes)
4連勝で青葉賞を制し、天皇賞秋でも2着に入った期待馬でしたが
気性的な問題が解決出来ず、このところは後方から・・・後方のままで
終わることが多くなってしまっています。
外から被せられるとやる気を失うので、広いコースで外をぶん回すしかなく、
かといってそれで差し切れるほどの能力は年齢的に厳しい印象。

マイネルホウオウ】牡5 56.0 (美浦) スズカフェニックス×(フレンチデピュティ)
13年のNHKマイルを制しましたがダービーで15着に敗れて長期休養。
今年の東京新聞杯で+38kgで復帰し、15着に敗れ、そこから馬体重を
絞ってきていますが、前走でも18着と流れに乗れず・・・。
それなりの末脚は戻ってきているので、そろそろ復活してもいい感じも
ありますが、こればかりは走ってみないとわからないので
ここで買うとしてもヒモ穴まで。

ユールシンギング】牡5 56.0 (美浦) シンボリクリスエス×(スペシャルウィーク)
連勝でセントライト記念を制しましたが菊花賞では15着と大敗。
後方からの脚質で新潟大賞典を制しているようにハマったときには
力を発揮しますが、極端な凡走がほとんど、という成績。
ここ1年は掲示板もない成績が続いてしまっていますが、
東京では(1-2-1-0)とデビュー当時に複勝圏を外さず好走していたので
適性が良い方向に出れば・・・。距離短縮はプラスになる可能性も
ありそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。