けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エプソムC(各馬分析2)  担【けん♂】

エプソムC(東京1800m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ダノンジェラート】牡6 56.0 (美浦) ディープインパクト×(Pivotal)
前走の中日新聞杯と菊花賞以外は複勝圏を外さず安定して好走してきています。
輸送に難があるのかもしれませんが、今回は東京なので問題なし。
跛行による回避を挟んでいるので少し間隔が空いてしまいましたが
東京では(3-2-0-0)と連対を外しておらず、横山典騎手が引き続き
騎乗予定なのもプラス材料。上位の馬との対戦経験が少なく
力関係が微妙ですが、上手く流れに乗れば食い込める可能性はありそうです。

ツクバコガネオー】せ7 56.0 (美浦) キングカメハメハ×(A.P. Indy)
ダートを中心に使われてきており、芝は3戦して掲示板もない成績。
血統的にもダート色が強く、後方からの脚質なので、重賞でキレを
問われるようなら非常に厳しいと言わざるを得ないかと。

ディサイファ】牡6 57.0 (美浦) ディープインパクト×(Dubai Millennium)
昨年のエプソムCを制し、続く毎日王冠でも4着と健闘。
GⅠ路線では結果が出せませんでしたが、前走の中日新聞杯では
中段前から差し切って重賞2勝目をマークしているだけに
実績的にも今回のメンバーの中では上位評価。
増やした馬体を絞り込んでいたので、間隔を少し空けて
どこまで巻き直して仕上げて来ているかに注目。

ノーステア】せ7 56.0 (美浦) ゼンノロブロイ×(Silver Hawk)
中長距離を中心に使われてきており、1800mはデビュー戦以来。
13年の目黒記念で12着に敗れてから故障により長期休養。
この春に復帰してきましたが、11着、10着と以前の能力は
戻って来ていない印象です。後方からの脚質ながら末脚に不足が
感じられるだけに年齢的にも復活は厳しそう。まずは馬体減が大前提。

パワースポット】牝7 54.0 (美浦) スズカマンボ×(パラダイスクリーク)
芝ダート兼用で使われてきていますが、昨夏からは芝に専念。
京都牝馬S、中山牝馬Sと連続で3着に入り、年齢的な衰えがないことを
示しましたが、牡馬相手の前走はキレを発揮したものの7着と
微妙に足りず、今回も後方からどこまで、という形になりそうです。
ここ3戦は馬体重の増減が激しくなっており、気性的な面でも不安ありかも。

ヒラボクディープ】牡5 56.0 (美浦) ディープインパクト×(Storm Cat)
青葉賞を勝って以来、掲示板もない成績が続いていましたが
前走のOPで久々の3着に入線。僅かに斤量差があったとはいえ、
前の馬に末脚で負けている分、逆転を考えるのは難しそうです。
それでも末脚が伸ばせたのは収穫。再起できるか試金石。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。