けいけん豊富な毎日

安田記念回顧  担【けん♂】

雨は週末には止み、前日は稍重でスタートした東京競馬場の芝状態は
しっかりと良馬場に回復したところで安田記念が行われました。

GⅠとはいえ、少し怪しいメンバー構成・・・。
あえて隙の少ない馬3頭に絞った予想にしてみたわけですが・・・・

予想は→ココ

結果は・・・

1着〇モーリス    1.32.0  上がり34.5
2着 ヴァンセンヌ    クビ
3着 クラレント
4着▲フィエロ

10◎ダノンシャーク

※全着順は→ココ

どの馬が逃げるのかはっきりしていませんでしたが、好スタートを切って
ポンッと飛び出してしまったミッキーアイルは手綱を引いて抑え、
かわして押して押してリアルインパクトがハナを奪う展開。

外からケイアイエレガントが前に寄せ、内にレッドアリオン、続いて
なんとモーリスが前につける競馬・・・これはちょっと驚きました。

フィエロ、クラレントが続き、最内のサンライズメジャーは中段待機。
ブレイズアトレイル、メイショウマンボ、ダノンシャークが控え、
後方からヴァンセンヌ、カレンブラックヒル(うーん)
エキストラエンドに遅れてサクラゴスペル、サトノギャラントという態勢。

12.4-10.8-11.1-11.6-11.4-11.2-11.3-12.2
前半800m 46.1
後半800m 45.9

【ラップ比較】
安田グラフ

前半はほぼ例年の安田記念の平均ペースにピッタリ重なっていますが
今年はさらに直線手前で加速が入るロングスパート戦になったのが大きな特徴。

ハイペースになりがちな安田記念ではなかなかこうしたロングスパートを
かけてくるおとは少ないのですが、過去には07年が同じようなパターンとなり
好位差しのダイワメジャーが勝ち、逃げ馬のコンゴウリキシオーが2着に粘る
前優勢のレースとなっています。
今年はさらに厳しい流れからのスパートということで消耗度は非常に
高いレースになったと考えられますが、前が後続を引き離しつつ
直線に入っているので位置取り的には前優勢。

直線に入って先頭に立ったケイアイエレガントを外からかわしていったのは
モーリス!少し遅れてついてきたヴァンセンヌに詰め寄られましたが、
最後まで踏ん張り切って4連勝でマイル路線の頂点に立ちました。

ヴァンセンヌは内に突っ込んで行き場をなくしてから改めて外に出している分、
仕掛けも遅れましたし、加速力も低下した感。
スローしか経験していない馬は安田記念でペースアップに巻き込まれると
苦戦しがちなんですが・・・いきなり対応してきたことは高く
評価して良さそうです。

レース後のコメント
1着 モーリス(川田騎手)
ゲートの中はいい体勢ではありませんでしたが、ゲートを出てくれたので、
あとはリズムだけと思っていました。少し行きたがっていましたが、
よく我慢してくれました。本当にスムースで、直線ではケイアイエレガントが
頑張ってくれていたので、いいタイミングで抜け出せました。楽に勝てるか
と思いましたが、ヴァンセンヌが来ていたので、あとは何とか凌いでくれと
追うばかりでした。久々に騎乗しましたが、たくましく成長していて、
今日は強気に乗ることが出来ました


2着 ヴァンセンヌ(福永騎手)
あそこまで行ったら勝ちたかったです。最後はいけると思ったのですが、
もうひと伸びされてしまいました。この馬も頑張ってくれています


(松永幹夫調教師)
よく伸びてきましたね。直線で少し詰まりましたが、その分、脚がたまったとも言えますし、
うまく立ち回っていると思います。この後はリフレッシュに出して秋に備えます。
秋は、天皇賞も含めて路線を考えたいと思います


3着 クラレント(田辺騎手)
スローペースが向きました。道中で脚を使うこともなかったですし、
左回りの方がいいのでしょう


4着 フィエロ(戸崎騎手)
馬の雰囲気は良かったですし、スタートも決まりました。モーリスを
うまくマークする形を取れましたが、直線で手前を替えにくそうにしていました


5着 ケイアイエレガント(吉田豊騎手)
牡馬はやっぱり強いです。遅いペースで追走は楽でしたが、このペースでは後ろに来られるので、
早めに動きました。自分で行ける形なら、もっとやれると思います


6着 ブレイズアトレイル(ルメール騎手)
フィエロの後ろでいいレースが出来ましたが、さすがにGIだと難しいです

7着 カレンブラックヒル(武豊騎手)
スタートが良くなかったので、切り替えて、やってみたいレースの1つをしました

8着 レッドアリオン(川須騎手)
スタートは五分に出て、ポジションを取りに行くのも予定通りでした。GIで馬群が密集していて、
馬群のポケットからのレースになりました。いつもだと4コーナーで掛かるくらいの手応えでしたが、
今日はグッと来なかったです


9着 エキストラエンド(蛯名騎手)
さすがにこの馬には厳しかったです。闘争心を引き出したかったです。
ゲートの出が速くないので、距離を延ばせば良さそうな雰囲気があります


10着 ダノンシャーク(岩田騎手)
チャンスはあると思ったのですが、久々の分かもしれないです。脚
はたまってると思ったのですが、伸びを欠きました


11着 サンライズメジャー(池添騎手)
折り合いはついていましたし、位置取りも悪くなかったです。道中から左にモタれていて
追いづらかったです。状態が良く、力差もないと思いましたが
...」

12着 リアルインパクト(内田騎手)
ハナに行くことも視野に入れての指示で、押して出て行きました

13着 サトノギャラント(柴山騎手)
もうちょっと怒らせたかったのですが...」

15着 ミッキーアイル(浜中騎手)
この馬なりに我慢してくれています。結果的に逃げた方が良かったのかもしれません

16着 ダイワマッジョーレ(M・デムーロ騎手)
今日もスタートで遅れました。見えない疲れがあったのかもしれません

うーん、騎手の体感的にはスローだったのかも?
各騎手のコメントの食い違いが興味深いです。

・馬格があるタイプが優勢
・年齢は6歳馬まで

といった条件は今年も当てはまったわけですが、
ハイペースへの適性、という面でヴァンセンヌには印を回せず。
逆に考察が仇となった・・・感じ(爆)

逃げ馬の想定は違っていたものの、思った以上にペースが
速くなったことで、内容的にも評価できる厳しいれレースになったのは
先々に繋がって来そうですが、これだけのペースで
後半が妙に速い・・・というのはやはり違和感があります。

ダービー後にも少し書きましたが、本来はもっと鈍ってもいいところを
高速馬場が後押しするというのは、良い面もあるかもしれませんが
脚元への影響については不安が拭えません。

現に、リアルスティール、ベルラップといった骨折馬が出てしまっているわけで
安田記念のあとはなんとかみな無事で・・・。


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

けんさん、こんにちは。

『安田記念』ミッキーアイル抜群のスタートが仇となってしまいました(スタートはいい馬だから、ああなる事は予想はしていましたが良すぎた)。
厩舎からの指示でしょう、下げざるを得なかった(おかげで折り合い欠いて。浜中騎手を責めるのは筋違い)。
今後、どの距離でどんな戦法で走っていくんですかね?
逃げ馬に戻す!?うーん、どうするんだろう。

すなやん | URL | 2015年06月08日(Mon)15:18 [EDIT]


>すなやんさん

騎手と馬と陣営の意思が見事なまでに
ちぐはぐになってしまった例でしたね(>_<)

やっぱり逃げてワンペースで引っ張る形が
いいように思います。
キレがある馬ではない感じなので
控えても・・・
まぁとりあえず今後を見守りたいですね。

けん♂ | URL | 2015年06月09日(Tue)01:58 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

安田記念 鳴尾記念 2015 さらっと回顧

にほんブログ村トラコミュ 安田記念(2015)鳴尾記念(2015)まずはこの記事のちょっと上にアンケートを画面を掲載しました春のG1レースもとりあえずは宝塚記念を残すのみで一段落これから ...
[続きを読む]

稀に的中?3代血統で重賞予想 | 2015年06月07日(Sun) 21:15