けいけん豊富な毎日

ヴィクトリアマイル(展開分析2)  担【けん♂】

過去のヴィクトリアマイル(東京1600m)をペース別に
分類してみると・・・

★前半800mのラップ
・45秒台(11年、10年)→ハイペース
・46秒台(14年、13年、12年、09年、07年)→ミドルペース
・47秒台(06年、08年)→スローペース

こんな3パターンに分類出来ます。
ペース別の上位馬の4コーナー平均位置取りは

     1着→2着→3着
・ハイ  12  9  8(番手)
・ミドル  3  5  6
・スロー  7 11  7

ハイペースは前が止まって完全に差し優勢になっていますが、
スローだと逆に道中に隊列が長くならないことで差し馬が台頭。
むしろ淡々と流れるミドルペースの方が長い隊列が維持されて
前優勢になる、という傾向が出ています。

今枠順を見る前なのでまだ微妙ではありますが、
ハナを切ってペースを作るのは・・・ケイアイエレガントに
なりそうです。

今回は主戦の吉田豊騎手とのコンビ。
年明けの節分S(東京1600m)で逃げ切り勝ちを決めています。

節分Sのラップをヴィクトリアマイルのペース別平均と
比較してみました。

【ラップ比較】
VMラップ

節分Sの前後半のラップバランスは(48.5⇔45.5)
となっており、ヴィクトリアマイルのスロー平均に
さらに輪をかけてスロー。
GⅠということで、少しペースを上げて行ったとしても
おおよそスローペースの展開になりそうです。

ゆったりとスタートを決め、じっくりと緩めて
3コーナーからのカーブで少しペースアップ。
隊列を長めに保ったまま4コーナー出口まで淡々と進め、
直線入り口で一気に急加速。

前半の貯金を活かして最後まで脚があまり鈍っていないのが
大きな特徴となっています。

過去のヴィクトリアマイルではスロー過ぎると差し馬が
突っ込んできていましたが、展開の作り方からすると・・・
かなり前優勢。
うーん、悩ましい・・・。

少なくとも後方からの馬に関しては割り引いてみるのも
ありかもしれませんね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック