けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクトリアマイル(各馬分析2)   担【けん♂】

ヴィクトリアマイル(東京1600m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。
天皇賞春に出走したデニムアンドルビーは回避の見込み。

ストレイトガール】牝6 55.0 (栗東) フジキセキ×(タイキシャトル)
昨年は高松宮記念3着の後、ヴィクトリアマイルでも中段後方から
3着に食い込む好走。年末に香港に遠征し3着に入ったあと、
休養明けぶっつけとなった前走の高松宮記念では後方から何も出来ずに
13着に敗れてしまいましたが、叩いての良化があれば
実力はあるだけに侮れない1頭になるかも。ただし年齢的には厳しくなっており、
前走の大敗を引きずるようだと・・・。スタミナがあるタイプではないので
スローペース限定で。

スマートレイアー】牝5 55.0 (栗東) ディープインパクト×(ホワイトマズル)
連勝で臨んだ昨年のヴィクトリアマイルでは脚を伸ばせず8着。
昨秋はクイーンS3着、府中牝馬S2着と踏ん張ったものの、
エリザベス女王杯では馬体増もあって10着と大敗。
末脚の能力が高い馬で東京も合うタイプですが、気性的な問題があるのか
突然の凡走があるので過剰な期待は禁物。
ここ2戦は馬体を絞りつつも少しキレ負け気味なので
力勝負をするにしろ、位置取りに一工夫いるかも。

タガノエトワール】牝4 55.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
未勝利戦を勝った直後にローズSで2着に入り、秋華賞本番でも3着と健闘。
騎手の間では評価が高かった馬だったようですが、フロックではなかったことを
証明しました。ただし、古馬相手にはその後苦戦が続き、しばらく低迷しましたが
前走で1600万下を突破して回復傾向となっています。
この春に馬体を増やしたものの、微妙に馬格不足気味なので55kgを背負うのは
マイナス材料になりそう。世代全体に疑いがあり、さらに昨秋の時点では上位馬には
完敗していたので、逆転を考えるほどの好調さではないかも。

ディアデラマドレ】牝5 55.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
昨年はマーメイドS、府中牝馬S、愛知杯と重賞を3勝。トップ牝馬の地位を
確立しましたが、中距離を中心に使われてきており、マイル戦に出走となった
前走の読売MCでは出遅れ気味になってしまい、最後は31.9という驚異的な
末脚を発揮したものの、7着まで。今回もペース次第で位置取りが後方に過ぎに
なってしまうかもしれないのは懸念材料。間隔を詰めての出走になりますが
前走の内容が強烈なだけに故障などがないことを祈りたいものです。
能力は上位評価、ハマれば十分に勝ち負けになりそうです。

ヌーヴォレコルト】牝4 55.0 (美浦) ハーツクライ×(スピニングワールド)
桜花賞3着のあと、オークス、ローズSと連勝。秋華賞では内を掬われて
2着に敗れてしまいましたがエリザベス女王杯では逆に内を抜ける騎乗でリベンジ、
古馬上位馬相手でも2着と健闘しました。
復帰戦の中山記念では稍重の馬場を問題にせず復活勝利を挙げており、
能力の高さを改めて証明しました。
中距離路線で使われてきているので距離短縮で持ち前の位置取りの自在性を
活かせるかがポイントになりそう。スローペースになれば期待度は
さらにアップ。

ハナズゴール】牝6 55.0 (美浦) オレハマッテルゼ×(シャンハイ)
13年のヴィクトリアマイルでは後方から届かず6着。
昨年は豪州、香港と遠征を繰り返し、本格的な国内復帰は年明けからに
なっていますが、ここ3戦は連続二桁着順とまったく結果を出せておらず
持ち前の末脚も不発気味。年齢的にもここでいきなり復活を期待するのは酷かと。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヴィクトリアマイル2015のJRA出走予定・予想オッズ2番人気のディアデラマドレの考察

前走のマイラーズカップG2では、開幕週の京都の高速馬場にスローペース。そしてヴィク
[続きを読む]

競馬予想ってプラスじゃなきゃ意味無いじゃん☆ | 2015年05月12日(Tue) 20:57


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。