けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜花賞(斤量負担分析)   担【けん♂】

桜花賞(阪神1600m)についてもう少し見ておきたいと思います。

実質斤量負担
桜花賞斤量負担

まだ成長途上の3歳牝馬のレース。
過去の傾向を見てもかなり小柄な馬が多くなっています。

阪神競馬場の改装前に行われた桜花賞では出走頭数自体が多い
小柄な馬のゾーンの馬の好走が目立っていましたが、
改装以降は少し傾向が変わり、比較的大柄な馬の好走が
増えてきています。

ただし、平均馬体重自体が軽い場合は小柄な馬にも出番がある、
という感じ。

今年の出走馬の平均馬体重(前走ベース)は445kg

過去10年を見渡してみても・・・12年(438kg)
に続いて2番目に軽い平均となっているわけで、
その意味では少し小柄でも実績がある馬に関しては
大きく割り引く必要はなさそうです。

実質斤量負担で見ると、13.0%を超えるような馬は
大きく割り引き。
全体的に(世代的に)レベルに疑わしい年とかなら・・・
という感じ。
・テンダリーヴォイス
・ムーンエクスプレス
・レオパルディナ
・ペルフィカ

に関しては割引が必要になりそうです。
メイショウメイゲツも馬体減だと厳しそう。

基本的には大柄な馬を重視、小柄な馬は実績的に抜けている馬に
絞って考えてみたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桜花賞2015のJRA出走予定・予想オッズ2番人気のココロノアイの考察

今回引いた枠順は、7枠15番で桜花賞で有利な外枠を引きました。 11日の土曜日
[続きを読む]

競馬予想ってプラスじゃなきゃ意味無いじゃん☆ | 2015年04月10日(Fri) 21:52


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。