けいけん豊富な毎日

桜花賞(各馬分析3)   担【けん♂】

桜花賞(阪神1600m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

ムーンエクスプレス】牝3 55.0 (栗東) アドマイヤムーン×(メジロライアン)
秋明菊賞を勝って阪神JFでは前でねばって4着。前走のフィリーズレビューでも
先行勢が総崩れになる中、唯一3着と気を吐きました。
かなりタフな能力があると思われますが、基本は短距離適性。
マイル以上の距離で勝っていないのはマイナス材料になりそうです。
極端に小柄な馬格もここでは不安材用。
順調に成長してくれればスプリンターズSや高松宮記念で・・・

メイショウメイゲツ】牝3 55.0 (美浦) ディープインパクト×(Johan Cruyff)
スローな展開を好位で粘ってアネモネSで2着に入り、出走権を獲得しましたが
実質的に1勝馬で、フェアリーS5着、クイーンC5着と今回の出走予定馬に
敗れている点で力関係的に厳しい状況。前で脚を伸ばすタイプではないので
阪神外回りコースが合う感じはなく、余程極端に前優勢になったとして・・・
それでも微妙。馬格、距離実績ともに条件には足りていないのもマイナス。

ルージュバック】牝3 55.0 (美浦) マンハッタンカフェ×(Awesome Again)
百日草特別、きさらぎ賞と牡馬相手に完勝し、無敗の3連勝を達成。
距離実績があることはスタミナを問われるこのコースにおいては大きな
プラス材料ですが、時計の裏付けがないのはマイナスポイント。
前半に置かれてしまうようだと足元を掬われる危険性は無きにしも非ずかと。
相手関係的にもペルーフ、ポルトドートウィユ、アッシュゴールドといった
破った牡馬がクラシック前哨戦で結果を出せていないので、極端な過大評価は
危険かもしれません。

レオパルディナ】牝3 55.0 (栗東) スニッツェル×(Seeking the Gold)
フェニックス賞で連勝を飾り、小倉2歳Sでも2着と健闘しましたが
距離延長してからは掲示板もない成績。血統的にも短距離の方が
合いそうですし、ここにきて急な上昇を期待するのは難しい状況。
秋に馬体を大きく増やしていますが、それでも馬格的にも不足気味。

レッツゴードンキ】牝3 55.0 (栗東) キングカメハメハ×(マーベラスサンデー)
まだ1勝馬ながら、札幌2歳S3着、アルテミスS2着、阪神JF2着、
チューリップ賞3着と重賞路線で複勝圏を外しておらず、力関係的には
世代でも上位評価出来る1頭。デビューから馬体を増やし続けて
成長が感じられる点も評価出来ると思われます。
前走はスローペースを作って逃げたものの、本来の差すスタイルでも
末脚を発揮出来る自在性があり、ここでも十分に勝負になりそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック