けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜花賞(展開分析)   担【けん♂】

桜花賞コース
※阪神1600mのコース図と07年以降に行われた桜花賞のラップ平均グラフ

桜花賞の舞台である阪神外回り1600mの構造について見てみます。

スタートは向こう正面の途中から。
2ハロン目に高低差1mほどの上り坂がありますが、およそ500mほどは直線なので
すんなりと加速しやすく、先行するのに枠順の内と外の有利不利もあまりない感じ。

3ハロン目の途中からカーブに入りますが、割合ゆったりした感じなので
大きな減速はなく、およそ12秒台前半で緩まないまま進む事になります。

残り3ハロンに入るところ(カーブの途中)で下り坂に突入。
コーナーはかなり広めでほとんど減速なしで直線に入れるため、
先行馬の脚が鈍らなければかなり縦長の隊列が維持されることになります。

およそ400mかけて高低差2mほどの坂を下り終わると今度は上り坂。
100mで高低差2mを上りきる急坂となるので余力のない先行馬
ここで脚が止まってしまいます。

スピードの持続力、スタミナなど基本能力を問われるコース
構造的な有利不利よりも実力差がそのまま出やすい、と考えられます。
その意味では素直に高く評価出来る馬を狙いたいところですね。

4コーナー位置取りと着順の関係
    1着→2着→3着
14年 18 15 12(番手)
13年 10 14 14
12年 10  4  6
11年 16 17 12
10年  4  1  2
09年 16 12 14
08年 10  6  8
07年  3  6  3

改装以降ということで、まだ8回しか行われていませんが
徐々に傾向が見えてきた印象。

10年や07年と14年、13年、11年、09年では
上位馬がまるで逆の位置取りといっていい内容。
展開や質によって結果が大きく変わる、と考えられます。

阪神1600mで行われた他の3歳戦を見ると、基本的には先行、好位の馬が有利。
14年、13年、11年、09年のような例はかなり特殊なパターンだと思われます。
内側の馬場が荒れて、完全に外伸びになっていたことや
後方からの馬が強力だったということも大きいと思われますが
大きく影響しているのは前半800mのペース。
45~46秒台で通過した場合(14年、13年、11年、09年、08年)は差し優勢、
47秒台で通過した場合(10年、07年)は前優勢になる傾向が
はっきりしています。

今年も先行馬の作るペースの想定が大きく明暗を分けそうです。

ちなみに12年(47.1)はジェンティルドンナが
10番手から差し切り勝ち。展開をひっくり返す高い能力を見せた馬に
関してはその後に大いに期待出来ると思われますので
その辺りにも注目したいですね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。