けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松宮記念(斤量負担分析)  担【けん♂】

高松宮記念(中京1200m)について見ていきたいと思います。

【実質斤量負担】
高松宮斤量負担

広い範囲で好走馬が出ているのでこの条件で絞るのは
難しい状況。
改装前の中京競馬場ではどちらかといえば大型馬不振の傾向が
出ていましたが、改装後は500kgを超える馬の好走が
逆に目立ってきており、徐々に変化してきている感じが見えるので
今年の結果についても来年に向けて整理しておきたいところ。

ひとまず、実質斤量負担で12.5%を超えてしまっている
ダイワマッジョーレは過去の傾向からすると・・・特殊な馬しか
好走していないゾーンに入ってしまっています。

馬格がないながらマイルCS2着といった成績を出しているので
大きく割り引く必要はなさそうですが、これまで57kgでは
2着までが精一杯で勝ち切っていない点は意識しておきたいですね。
評価しても・・・ヒモまでに止めた方が良いかも。

香港からの刺客、エアロヴェロシティは来日後に計量した
馬体重を載せていますが、香港国内で走っていたときは
およそ540kgオーバー・・・大きな変動ではないので
気にする必要はなさそうですが、多少輸送減りは
あった模様です。

斤量面では・・・前走で勝っているのに負担が減っている
アンバルブライベン、同じく好走しているの負担が減っている
ミッキーアイル、ストレイトガールが推せる馬となります。
特に近年の傾向から中型~大型馬が優勢な点を加味すると
ミッキーアイルにはチャンスあり・・・?

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。