けいけん豊富な毎日

高松宮記念(好走条件について)   担【けん♂】

改装前の高松宮記念(中京1200m)の勝ち馬のそれまでの実績を
見てみると・・・

・キンシャサノキセキ NHKマイル3着
・ローレルゲレイロ  東京新聞杯1着
・ファイングレイン  NHKマイル1着
・スズカフェニックス 東京新聞杯1着
・オレハマッテルゼ  東京新聞杯2着、京王杯SC2着
・アドマイヤマックス 富士S1着
・サニングデール
・ビリーヴ      京王杯SC2着
・ショウナンカンプ

特に近年になってからは東京マイルでの好走があるような
スタミナのあるタイプが勝っている、という共通点がありました。

キンシャサノキセキも本来は1400~1600mが適性距離なのに
気性的に引っ掛かるという理由で短距離を使っていましたし、
スズカフェニックスもスプリンターではない、と陣営がコメントしていたように
マイル以上で好走していた馬でした。
オレハマッテルゼにいたっては1200mを走るのが初めて・・・

他にも桜花賞馬のラインクラフトや安田記念を勝つブラックホークなど
上位に入った馬の中にもスタミナに問題がない馬が多い、というのが
特徴になっていたと言えそうです。

春のスプリント王決定戦、と銘打ちながらも実はスプリンターではない馬が
好走している
というのは面白いところですね(笑)

新中京1200mは直線の最初に急坂が出来、直線自体も延長。
さらに東京に近い構造になってきており、スタミナを必要とする
レースになってきていると考えられます。

ここ3年の高松宮記念の上位馬の実績を見てみると

★14年(不良馬場)

1着コパノリチャード
(阪急杯1着、スワンS1着、アーリントンC1着など)

2着スノードラゴン
(オーシャンS2着、カペラS2着)

3着ストレイトガール
(シルクロードS1着、キーンランドC2着、尾張S1着)

★13年

1着ロードカナロア
(阪急杯1着、スプリンターズS1着、セントウルS2着、高松宮記念3着など)

2着ドリームバレンチノ
(シルクロードS1着、スプリンターズS3着、函館SS1着)

3着ハクサンムーン
(京阪杯1着、阪神1400m新馬戦1着)

★12年

1着カレンチャン
(阪神牝馬S1着、スプリンターズS1着など)

2着サンカルロ
(阪神C2着、1着、阪急杯3着、1着、3着、スプリンターズS3着、
高松宮記念2着など)

3着ロードカナロア
(ジュニアC2着、京阪杯1着、シルクロードS1着)

目立つのは阪神1400mでの重賞実績
ハクサンムーンの新馬勝ちは微妙ではありますが、阪神C、阪急杯、
阪神牝馬Sといった重賞での勝利はこのレースに直結しやすいと
考えられます。

あとは・・・当然かもしれませんがスプリンターズSでの実績。
スプリント路線の頂点を競うレースあり、スピード、スタミナを
兼ね備えていないと好走が難しいレース。
ここでの好走は高松宮記念でも好走出来る素質を示している
と考えて良さそうかと。

微妙ながら京阪杯、シルクロードSといった京都の重賞勝ちも
繋がりがあるのかもしれません。

スピードの絶対値が不足しているのでは話にならないわけで
スタミナがあればいい、というわけではありません(当然ですね^^;)
スピードがありながら、スタミナに問題がない馬という視点で
見ていきたいと思います。

昨年は不良馬場になった影響もあって、それまでの2年とは違和感が
ある感じですが、スノードラゴンはダートで1400mの実績がありましたし、
ストレイトガールは京都重賞実績の他、洋芝での実績が高い馬で
スタミナには不安がなかった印象です。

今回の出走予定馬では・・・

阪神1400mでの重賞実績がある馬
コパノリチャード(阪急杯1着、阪神C2着)
マジンプロスパー(阪急杯1着、2着)
レッドオーヴァル(阪急杯3着)
ダイワマッジョーレ(阪急杯1着、阪神C3着)
ミッキーアイル(阪急杯2着)
ローブティサージュ(阪急杯3着、阪神牝馬S3着)
オリービン(阪急杯3着)

GⅠ実績がある馬
ハクサンムーン(高松宮記念3着、スプリンターズS2着)
ストレイトガール(高松宮記念3着、スプリンターズS2着)
レッドオーヴァル(スプリンターズS3着)
コパノリチャード(高松宮記念1着)

京都1200mでの重賞実績がある馬
アンバルブライベン(京阪杯1着、シルクロードS1着)
ストレイトガール(シルクロードS1着)
ハクサンムーン(京阪杯1着)
サドンストーム(京阪杯2着、シルクロードS2着)
リトルゲルダ(シルクロードS3着)

中京1200mでの重賞好走がある馬
ハクサンムーン(CBC賞2着)
マジンプロスパー(CBC賞連覇)
サドンストーム(CBC賞3着)
トーホウアマポーラ(CBC賞1着)

かなり以前の実績も含まれているので、数が多くなっていますが
複数回、複数の直結レースで好走している馬が目立ちます。

血統的にもダイワメジャー産駒、フジキセキ産駒などは
イメージ的に合う印象ですが、やはり実績面でも期待出来る馬が
出ているようです。

2年連続で高松宮記念に直結した阪急杯の上位3頭には
特に注目しておきたいところですし、すでに高松宮記念で
好走歴のある馬は当然、適性的にも上位。

今後の予想のためにも、今年の結果には注目しておきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高松宮記念2015のJRA出走予定馬の予想オッズ上位ストレイトガールの馬体予想

G1レースの成績が、 【0-1-2-0/3】  馬券圏内の複勝率は、100%。 こ
[続きを読む]

競馬予想ってプラスじゃなきゃ意味無いじゃん☆ | 2015年03月26日(Thu) 18:59