けいけん豊富な毎日

スプリングSについて   担【けん♂】

まったく触れていませんでしたが、今週は皐月賞に向けて
スプリングS(中山1800m)も行われます。

トライアルだけに、予想よりも「先に繋がる内容」が
あるかどうかの方が重要だと考えているので
詳しくは見ませんが、面白いメンバーが揃って
楽しみですね(^^)g

特に注目されるのは
・リアルスティール(共同通信杯1着)
・ダノンプラチナ(朝日杯FS1着)
・べルーフ(京成杯1着)


この辺りでしょうか。
次点人気としてブラックバゴ(京成杯2着)、ミュゼスルタン
(新潟2歳S1着)
が続く感じかと。

リアルスティールは新馬戦→共同通信杯と連勝を飾っていますが
評価すべきは一気のレベルアップを難なくこなしたこと。
まだ底を見せておらず、この先が楽しみな1頭だと思います。
前につけて遅れずにコーナーリングをこなし、直線でも出口を
見つけると急加速、ドゥラメンテを差し返しており、
中山でも十分にこなせそうです。
競馬ブックの馬体写真でも・・・ちょっと逆らえない出来(笑)
見た目どおり走るなら、ここもあっさり通過する可能性は
十分だと思います。

ダノンプラチナは阪神外コースに変更された朝日杯FSを
後方から差し切って勝利。
道中は阪神JFに比べてもかなりゆったりした流れになっており、
距離延長はむしろプラス材料になる可能性が高そうです。
この馬もコーナーリングに問題がない分、中山への対応力には
期待出来そうです。
場合によっては前につけられる自在性にも注目。

べルーフは素晴らしい脚で京成杯で勝利をおさめましたが
ほぼ横並びで伸びてきたソールインパクト(4着)が
共同通信杯では6着に敗れており、力関係的に微妙かも。
2着だったブラックバゴはホープフルSで3着でしたが
ここの勝ち馬シャイニングレイが弥生賞で7着、同じく2着の
コメートが8着と敗れており、横比較的に不安があるかもしれません。
ちなみにソールインパクトはホープフルSでも横並びの4着でした。

新潟2歳Sで2着だったアヴニールマルシェは休養明けに
共同通信杯で5着。間隔が空いていた影響を考えると
単純な比較は出来ませんが、ミュゼスルタンも休養明けである点は
割引が必要になりそうです。
新馬戦ではソールインパクトを破っており、新潟2歳Sでは
コメートよりも上の力関係。
相関図的にどこに位置してくるのか、注目したいと思います。

あくまでパッと見では・・・リアルスティール、ダノンプラチナが
少し抜けているように思えますが、どちらもディープインパクト産駒、
というのは過去の傾向を考えるとちょっと不安も無きにしも非ず?
血統的な傾向も意識しつつ、レースを楽しみにしたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック