けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神大賞典(体重別実績)   担【けん♂】

阪神大賞典(阪神3000m)について見ていきたいと思います。

体重別実績:阪神大賞典(05年~)】
阪神大賞典体重

パッと見たところ、体重にほとんど関係なくバラついている様子。
大型馬の500~520kgの馬が5勝、逆に少し小柄な
440~460kgの馬も3勝・・・

ただ、内容を見てみると
・トウカイトリック(06年2着、07年3着、10年1着)
・アイポッパー(05年2着、07年1着、08年2着)


というように小型の馬はリピーターが回数を稼いでいることがわかります。
この2頭を除くと連対圏に入っていたのは06年の勝ち馬
ディープインパクトと10年2着のジャミールのみ。
やはり特殊な馬以外は厳しいと考えられます。

それにしても460~480kg程度の比較的小さな馬の
好走も目立っているわけで大型馬優勢とは言い難い状況。
極端に小柄な馬を除けば大きく割り引く必要はなさそうです。

500kgを超える馬の勝率が目立っていますが
520kgを超える大型馬は今のところ未勝利。
出走頭数自体も少ないので仕方ありませんが
内回りのレースであることも含めて、
足回りの器用さも関係してくるのかもしれません。

実質斤量負担別実績
阪神大賞典斤量

上記のデータを実質斤量負担別に集計し直してみました。

※実質斤量負担=斤量÷馬体重(%)

11.0~11.5%の馬が5勝とリードしていますが、 率に直すと
斤量負担が高い方が好走する」というデータになっています(爆)

ただし、先ほど体重別実績で見たとおり、13%を超えて連対したのは
ディープインパクト、トウカイトリックのみ。

12%後半で上位に入った馬をみても05年以降では
トウカイトリック、アイポッパーに限られており、
数字を見るよりも、馬の斤量に対する耐性の高さを考慮した方が良さそうです。
特別に斤量に強い馬以外は割り引いて考えるべきかと。

ひとまず・・・

12.5%以上→特別に斤量への耐性が高い実績馬に限る
~12.5%→ヒモ候補
~12.0%→有力視

こんな感じでしょうか。

逆に11%を切るような馬はまた割り引く感じで見た方が良さそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。